LabVIEWのアップグレード後にFPGAビットファイルの再コンパイルが必要ですか?

更新しました Jul 27, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW FPGA Module
  • LabVIEW

Driver

  • NI-RIO

問題

LabVIEW、LabVIEW Real-Timeモジュール、LabVIEW FPGAモジュールをバージョンアップしました。その際、FPGA VIを再コンパイルする必要はありますか?

解決策

FPGA VIリファレンスを開く関数がFPGA VIにリンクしている場合は、ホストVIを実行する前にLabVIEWでFPGAコードを再コンパイルする必要があります。ただし、FPGA VIリファレンスを開く関数が、FPGA VIではなく以前のバージョンでコンパイルされたビットファイルを直接呼び出すように設定されているようであれば、再コンパイルの必要はありません。
 

FPGA VIリファレンスを開く関数をビットファイルに直接リンクするには、次の手順を行います。

  1. FPGA VIリファレンスを開く関数を右クリックして、FPGA VIリファレンスを開くを構成を選択します。
  2. ビットファイルで使用したいビットファイルを選択します。
 

追加情報

ナショナルインスツルメンツは、そのビットファイルにアクセスするLabVIEW/LabVIEW Real-Timeのバージョンと一致するLabVIEW FPGAモジュールのバージョンで、FPGAビットファイルを再コンパイルすることを常に推奨します。LabVIEW 8.5から8.5.1へのアップグレードなど、LabVIEW FPGAモジュールのマイナーアップグレードでも、以前のバージョンのビットファイルにリンクするとFPGA I / Oが応答しなくなることがありました。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ