複数のDAQmxタスクを同じTDMSファイルに記録する

更新しました Aug 27, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW

Driver

  • NI-DAQmx

問題

2つのDAQmxタスクを使用してデータを収集するアプリケーションがあります。以前にDAQmxロギングを構成VIを使用したことがあります。これにより、データをファイルへ簡単に保存できます。この方法の問題は、2つのDAQmxタスク用に2つ別々のファイルを取得し、すべての信号を含む1つのファイルのみが必要であることです。 さらに、両方のタスクでDAQmxロギングを構成VIに体して同じファイルパスを使用すると、次のメッセージが表示されます。
 

エラーコード-201311がDAQmx Start Task.viで発生

考えられる理由:
指定されたファイルは、すでに出力のために開かれています。NI-DAQmxは排他的な書き込み権限を必要とします。


 

解決策

複数のDAQmxタスクを同じTDMSファイルに記録するには、LabVIEWでTDMSファイル関数を使用する必要があります。DAQmxロギングを構成VIは、複数の書き込みがアクセスしたときにデータが失われないように作業中のファイルをロックするようにプログラムされているため、機能しません。

追加情報

関連リンクにあるサンプルプログラムのように作成すると、複数のDAQmxタスクを単一のファイルに記録することができます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ