MathScriptノードの処理速度が遅い

更新しました Oct 25, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW MathScript Module

問題

MathScriptノードを含むアプリケーションの実行時間が遅いのはなぜですか?

解決策

主な理由およびここで説明する理由は、警告グリフによるものです。警告グリフは、LabVIEWが実行時のパフォーマンスを低下させ、編集時のエラーチェックを削減して実行することをユーザに通知する表示です。


 

警告グリフを削除して実行時のパフォーマンスを改善するには、スクリプトを変更して競合を解決します。

次の関数のいずれかがスクリプトで呼び出されると、MathScriptノードは警告グリフを表示します(括弧内は従来名です)。
 

  • addpathpathremove(rmpath)cdpath、および/またはuserpathを1つ以上の入力で呼び出す場合。
    実行時に検索パスリストが変更されるため、実行時のパフォーマンスが低下します。
     
  • breakcontinueclearevalevalscript(evalc)existglobalis_global(isglobal)is_member(isa)loadloaddialog(uiload)persistentreturnsavewho、またはwho_all(whos)関数を呼び出す場合。


MathScriptノードは、次の2つの状況に対して警告グリフも表示します。

  • スクリプトは、ユーザ定義の関数ではなくスクリプトを含む.mファイルを参照する場合です。.mファイルの内容をコピーしてノードで使用するか、.mファイルを編集してユーザ定義の関数にします。
     
  • スクリプトで上記の関数のいずれかを使用してユーザ定義の関数を呼び出す場合です。この警告グリフを引き起こしている.mファイルを識別するには、表示>>階層を選択します。


スクリプトに警告グリフが含まれている場合、LabVIEWランタイムエンジンまたはReal-Timeターゲットで動作するスタンドアロンアプリケーションを作成する前に解決することをお勧めします。

追加情報

MATLAB®は、The MathWorks、Inc.の登録商標です。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ