LabVIEWからイーサネットベースのcDAQシャーシを予約するには?

更新しました Jun 19, 2019

使用製品

Hardware

  • CompactDAQ Chassis
  • cDAQ-9181
  • cDAQ-9184
  • cDAQ-9185
  • cDAQ-9188
  • cDAQ-9189

Software

  • LabVIEW

問題

LabVIEWアプリケーションを実行する前にMAXにアクセスすることなく、プログラム的にホストコンピュータからイーサネットベースのcDAQシャーシを使用するように予約したいのですが、どうすればよいですか?

解決策

LabVIEWで関数パレットの計測I/O.>>DAQmx - データ収集>>DAQmx上級>>DAQmxシステム設定サブパレットにあるDAQmxネットワークデバイスを予約VIを使用する必要があります。デバイス入力入力端子で予約したいデバイスを指定します。






 

下図は、プログラム的にcDAQシャーシの予約して、セルフテストを実行する方法の例です。
 


 

メモ: この画像は、プロジェクトで再利用できるLabVIEWコードを含むLabVIEWスニペットです。スニペットを使用するには、画像を右クリックしてコンピュータに保存し、ファイルをLabVIEWダイアグラムにドラッグします。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ