NI MAXでテストパネルが利用できない

更新しました May 15, 2019

使用製品

Software

  • Measurement & Automation Explorer (MAX)

Driver

  • NI-DAQmx
  • NI-VISA

問題

  • ナショナルインスツルメンツ(NI)のDAQデバイスからデータを収集するアプリケーションがあります。自分の開発マシンでスタンドアロンの実行ファイルをビルドして、インストーラを作成しました。アプリケーションを2台目のマシンにインストールしても、期待通りに動作します。 しかし、MAXにアクセスしてデバイスをクリックしても、下図のようにテストパネルを開くボタンが見つかりません。なぜ見つからないのですか?



     
  • NI Measurement & Automation Explorer (MAX)を使用してデバイス、計測器、または通信ポートにアクセスし、LabVIEWと通信していますが、下図に示すようにVISAテストパネルを開くボタンがありません。

解決策

DAQデバイスの場合

DAQデバイスを使用しておりテストパネルオプションがない場合は、NI-DAQmx MAX構成サポートがあることを確認します。これを確認するには、MAXを起動して左側のパネルでマイシステム>>ソフトウェアをクリックし、展開します。ソフトウェアドロップダウンの下に、下図で強調表示されているNI-DAQmx MAX構成サポートが表示されます。



 

NI-DAQmx構成がない場合は、インストールする必要があります。 NI-DAQmx MAX構成サポートは、NI-DAQmxダウンロードページからダウンロードしてインストールできます。
 

メモ: ランタイム版のDAQmxドライバには、MAX構成サポートは含まれません


 

 

VISA計測器およびポートの場合

シリアル計測器、または通信ポートを使用していて、VISAテストパネルを開くオプションがない場合は、必ずNI-VISAを使用します。これを確認するには、MAXを起動して左側のパネルでマイシステム>>ソフトウェアをクリックし、展開します。ソフトウェアドロップダウンの下に、下図で強調表示されているNI-VISAが表示されます。



 

ソフトウェアタブにNI-VISAがない場合は、NI-VISAダウンロードページからNI-VISAを再インストールします。
VISA対話式制御を使用してVISAテストパネルを開くこともできます。


メモ: ランタイム版のVISAドライバには、VISAテストパネルは含まれません。VISAテストパネルを実行インストーラでインストールできるようにするには、適切なフル版のVISAドライバを含むバッチインストーラを作成します。

追加情報

配布アプリケーションの場合

デプロイメントマシン用のインストーラを作成する際のデフォルト設定は、現在のアプリケーションで使用されているランタイムを追加することです。この設定は、マイインストーラプロパティウィンドウに進み、追加インストーラ>>追加するNational Instrumentsインストーラに移動することで確認できます。下図の例では、NI LabVIEWランタイムNI-DAQmxランタイムが選択されている状態です。
 

MAXのテストパネルを表示するには、インストーラ設定を変更してMAX構成サポートも含める必要があります。これを行うには、まずNI-DAQmxランタイムを構成サポート付きNI-DAQmxランタイムに置き換えるために、推奨インストーラを自動的に選択するチェックボックスのチェックを外します。デプロイメントマシンに新しいインストーラを適用すると、テストパネルが利用可能になります。
 


 

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ