NI-XNETドライバで破損したLINチェックサム値を送信する

更新しました Nov 29, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW

Driver

  • NI-XNET

問題

NI-XNETドライバを使用してLINデバイスを制御しています。
NI-XNET 14.0のReadMeページにて、以下の記載が見つかりました。

LINチェックサム破損のサポートを追加しました

破損したチェックサムが送信されたときのECU動作を検証するために、この機能を使用するにはどうすればよいですか。

解決策

次に送信されるN個のフレームのチェックサムを破損させるには、LINフレームプロパティのTransmit N Corrupted Checksumsを使用する必要があります。

LabVIEWでプログラミングしている場合は、次の手順を実行してください。
  1. ブロックダイアグラムにXNETセッションプロパティノードを配置します。 関数パレット»測定I/O»XNETにございます
  2. ノードを右クリックして、次のようにプロパティを選択→Frame→LIN→Transmit N Corrupted Checksumsを選択します。