Vision Assistantのエラー:LabVIEWコード生成関数がインストールされていません

更新しました Apr 22, 2021

使用製品

ソフトウェア

  • Vision Assistant
  • Vision Development Module
  • LabVIEW

問題

Vision AssistantからLabVIEWコードを生成しようとすると、エラーダイアログが表示され、LabVIEWコード生成機能がPCにインストールされていないことが通知されます。この問題を解決するにはどうすればよいですか?

解決策

使用しているLabVIEWバージョンにVision Assistantサポートが正しくインストールされていない可能性があります。 こちらを追加するには、NIパッケージマネージャーを開きます。 [更新]タブで、次を探します。
  • LabVIEWのVision Assistantサポート(xビット)
  • Vision Assistantサポート - LabVIEW 20xx(xビット)用
適切なアドオンのチェックボックスをオンにして、[更新]をクリックします。

追加情報

ご使用の環境にNIPackage Managerがインストールされていない場合は、オンラインで入手できるNIVisionインストーラーからこれらのアドオンをインストールすることもできます。 「機能」セクションで、 LabVIEWコード生成項目(および関連する言語の他のコード生成項目)が選択されていることを確認します。


この問題は、VisionAssistantとLabVIEWの間で誤ったビット数を使用している場合にも発生する可能性があります。 LabVIEW 32ビットコードを生成する場合は、32ビットバージョンのVisionAssistantを使用する必要があります。同じことが64ビットバージョンにも当てはまります。