DAQmxのアナログ入力でチャンネルごとに異なる電圧レンジを設定する

更新しました Jul 1, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW

Driver

  • NI-DAQmx

問題

  • タスク内のチャンネルごとに異なる電圧範囲を設定できますか?
  • DAQmxタスクで各チャンネルの電圧範囲を変更するにはどうすればよいですか?
  • DAQmxタスクでチャンネルごとに異なるアナログ入力レンジを設定したいです。これは可能ですか?

解決策

これには2つの方法があります。NI Measurement & Automation Explorer(MAX)でDAQmxタスクを作成するか、LabVIEWでプログラム的に作成する方法です。

 

NI MAXを使用する

  1. MAXを起動して、左側にあるツリーでデバイスとインタフェースからデバイスを選択します。
     
  2. ウィンドウ上部のツールバーからタスクを作成...をクリックして、信号を集録>>アナログ入力>>電圧を選択します。最初のチャンネルをクリックし、Shiftキーを押しながらリストの最後のチャンネルをクリックして、アナログ入力タスクに含めたいデバイスチャンネルを選択します。Ctrlキーを押しながらチャンネルを1つずつ選択して、それらを個別に選択することもできます。タスクに含めるアナログ入力チャンネルを選択したら、次へ(N) >をクリックします。



     
  3. 電圧タスクに名前を付けて終了をクリックします。
     
  4. 各チャンネルをクリックして信号入力範囲を設定することにより、設定パネルで個々の電圧範囲を設定します。



     
  5. LabVIEWでは、以下に示すようにタスク定数(または制御器)をDAQmxタイミングVIに直接配線します。タスクとチャンネルは既にMAXで作成されているので、DAQmxタスクを作成およびDAQmx仮想チャンネルを作成VIは必要ありません。



     

将来チャンネルを編集する必要がある場合は、MAXで必要に応じてチャンネルを編集して、追加または削除できます。

 

 

DAQmx仮想チャンネル作成VIを使用する

複数のDAQmx仮想チャンネルを作成VIを使用してさまざまなチャンネルを作成し、各チャンネルに異なるアナログ入力電圧を設定することで、アナログ入力チャンネルに異なる入力電圧範囲を割り当てることができます。
 

  1. 同じアナログ入力レンジに設定したいチャンネルグループごとにDAQmx仮想チャンネルを作成VIを配置します。1つのVIに複数のチャンネルを選択するには、チャンネル拡張を使用することができます。
     
  2. 物理チャンネルなどの設定に関連する端子を配線します。アナログ入力レンジの下限を設定するには、最小値入力端子に倍精度小数値を配線します。アナログ入力レンジの上限を設定するには、最大値入力端子に倍精度小数値を配線します。


その作成を以下に示します。


追加情報

  • MAXを使用してDAQmxタスクを構成する場合、後で使用するためにこの構成のバックアップを作成することをお勧めします。詳細については、Measurement & Automation Explorer (MAX)でシステム構成をエクスポート/インポートするを参照してください。
     
  • 一部のCシリーズモジュールでは、±10V、±5V、±2V、および±1Vなどの入力電圧レンジが定義されています。 最小値と最大値の値がこれらと異なる場合、DAQmxドライバは入力を完全に捕捉できる最も近い電圧レンジまで値を強制します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ