CompactRIOの電圧入力モジュールで差動モードを使用する

更新しました Feb 15, 2019

使用製品

Hardware

  • NI-9205
  • NI-9206
  • NI-9209
  • CompactRIO Chassis

問題

NI-9205/NI-9206/NI-9209をCompactRIOで使用してアプリケーションを作成しようとしています。NIページでは、32つのシングルエンドチャンネルまたは16つの差動チャンネルが指定されています。NI-9205ですべてのチャンネルを差動モードに選択しましたが、コードでは32チャンネルすべてのI/Oノードを使用できます。これはどのように可能ですか?

解決策

NI-9205/NI-9206/NI-9209の各チャンネルは、シングルエンド読み取りまたは差動ペアの一部としての読み取りを返す機能を備えています。これは、以下に示すように、LabVIEWプロジェクトのモジュールプロパティで設定します。
 

 

各アナログ入力ライン(AI0~AI31)には、測定方法を選択するための端子モードドロップダウンメニューがあります。アナログ測定値を適切に参照する方法のガイドラインについては、アナログ信号の配線とノイズに関する注意事項を参照してください。
 

 

モジュールのプロパティページでは、差動モード(DIFF)はチャネルAI0~AI7およびAI16~AI23に対してのみ選択できます。これらのチャンネルが差動モードに選択されている場合、チャンネル番号+8(AI "x" + 8)は参照される対応する端子です。したがって、差動モードは、チャンネルAI8~AI15およびAI23~AI31に対しては、これらのチャンネルが負の信号入力に対応するため選択できません。差動端子ペアのリファレンスについては、NI 9205スタートアップガイドの15-16ページを参照してください。
 

差動測定の値を取得するには、正の信号に対応するI/Oノードから測定値を収集する必要があります。たとえば、AI0とAI8で差動信号を測定する場合、ハードウェアはAI0(AI +)とAI8(AI-)信号の差を測定し、この測定値をAI0に対応するI/Oノードに出力します。正のチャンネル(この場合はAI0)のプロパティのみを設定する必要があります。負のチャンネル(AI8)の設定は無視できます。
 

接地が不適切な場合は、差動モードで配線されている間にAI8(AI-)から読み取ると誤ったデータが返される可能性があります。ただし、回路がRSEまたはNRSEモードで配線されている場合は、AI8のI/Oノードを使用してシングルエンドデータを読み取ることができます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ