列挙体の項目をプログラム的に変更するには?

更新しました Nov 28, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW

問題

列挙体の項目をプログラム的に変更するにはどうすればよいですか?

解決策

表記法が整数型の制御器を倍精度浮動小数型に、または文字列制御器をパス制御器にプログラムで変更できないのと同様に、列挙体の項目(文字列)をプログラム的に変更することはできません。列挙体の文字列はそのデータタイプの一部であるため、編集時にのみ変更できます。プロパティノードを介して列挙体の文字列を読み取ることは可能ですが、プロパティノードを使用して文字列を書き込むことはできません。
 

実行時に列挙体の文字列プロパティへ書き込むと、下図に示すようにプロパティノードでエラー1073が発生します。


 

追加情報

列挙体のテキスト値をプログラム的に変更したい場合は、代わりにテキストリング制御器を使用します。リング制御器を使用して、文字列プロパティを介してプログラム的に文字列を読み書き可能です。
 

メモ: 列挙体の項目数が多い場合、列挙体を右クリックして置換>>テキストリング制御器を選択することで、列挙体をテキストリング制御器に置き換えることができます。文字列に書き込むプロパティノードを作成し、プログラムを実行して文字列配列をプロパティノードに書き込みます。これにより、テキストリングが作成されます。テキストリングを作成したら、置換機能で列挙体制御器に戻すことが可能です。テキストリングで書き込んだすべての項目が保持されています。