GPIB計測器と通信できません

更新しました Nov 22, 2018

使用製品

Hardware

  • GPIB Cable

Software

  • LabVIEW

Driver

  • NI-VISA
  • NI-488.2

問題

GPIBバイスを使用した計測器が通信しようとしたときに応答しません。

解決策

この問題のトラブルシューティングは、以下の手順をおこないます。

GPIBケーブルが動作していること、および計測器に通信を送信できることを確認します。
GPIBデバイスと通信するために適切なソフトウェアがインストールされていることを確認してください。 NI-VISAドライバとNI 488.2ドライバの互換バージョンがあることを確認してください。


Measurement and Automation Explorer(MAX)は、計測器をスキャン機能を備えており、GPIBセットアップを迅速にテストすることができます。計測器をスキャンすると*IDN?を送信し、読み取りを実行することによって、計測器を識別します。使用している計測器が*IDN?をサポートしていない場合は注意が必要です。このコマンドでは、識別されません。

GPIB計測器制御チュートリアルのステップ3、『計測器のVISAリソースをMAXで作成する方法』に従って、下図に示すようにNI MAXで計測器をスキャンボタンをクリックして、計測器をスキャンします。
 


すべての計測器が*IDN?に応答するわけではありませんが、ほとんどの場合は最初にFindLstn()テストでピックアップする必要があります。 あなたの計測器が検出されない場合、下記を確認します。
  1. ケーブル配線が次の厳格な要件に準拠していることを確認します。
    • 15台以下のデバイス
    • 隣接する2つの機器間が4メートル以内のケーブル
    • バス上にあるすべての機器間で平均2メートルのケーブル
  2. 正しいGPIBアドレスに書き込んでいることを確認します。
  3. ケーブルが計測器とコントローラデバイスの両方にしっかりと接続されていることを確認します。ある機器が動作していても別の機器が動作していない場合は、ケーブルを交換してみます。
  4. 複数の機器が接続されている場合は、1つの機器以外の機器をすべて取り外します。GPIBインタフェースが不良な機器は、他の問題ない機器がバス上で通信できなくなる可能性があります。
  5. 計測器のアドレスを確認し、それらがコントローラと異なることを確認します。GPIBアドレス0は通常コントローラ用に予約されています(通常、お使いのコンピュータでナショナルインスツルメンツのGPIBデバイスです)。機器のフロントパネルにあるボタン、または機器のどこかにあるDIPスイッチを使用して、機器のアドレスを設定する必要があります。
  6. 場合によっては、一部の機器が計測器をスキャンコマンドに素早く反応しないことがあります。これを動作確認するには、VISAテストパネルまたはLabVIEWアプリケーションを使用して計測器にコマンドを送信し、通信が成功したかどうかを確認します。
それでもNI MAXで計測器を見つけることができない場合は、GPIB計測器制御チュートリアルのステップ3にリンクされているトラブルシューティングの手順をおこないます。


書き込みによってエラーが返されない場合は、正常に送受信されました。


使用している計測器からの通信で読み取ることができるかどうかを確認します。
これより、読み取りを実行して機器に応答を求める必要があります。読み取りでエラーが発生した場合は、タイムアウトでEABOになる可能性があります。このエラーが発生した場合は、下記を確認します。
  1. 送信したコマンドがその計測器で有効であることを確認します。ほとんどの計測器は無効なコマンドには全く反応しません。有効なコマンドの一覧については、使用している計測器のユーザマニュアルを参照するか、その製造元にお問い合わせください。
    • 多くの計測器は*IDN?またはIDに応答しますが、すべてではありません。
  2. 書き込み文字列で使用されている終端方法を確認します。 メッセージの終端方法には2種類あります。
    • 送信における最後のバイトでGPIBのEOI(End or Identify)ラインをアサートします。これは、NIのGPIBドライバのデフォルト動作です。EOI設定は、ドライバコール(IBCONFIGを参照)またはGPIB設定ユーティリティ(WindowsではMAX、他のオペレーティングシステムではGPIBエクスプローラ)で変更できます。
    • 最後に復帰(\r)または改行(\n)のEOS(End of String)文字を送信します。EOSを送信するには、計測器に書き込む文字列の最後に追加します。 

追加情報

GPIB計測器でほとんどの問題は、物理的なセットアップ(デバイスを検出できない)または送信されているコマンド(読み取り/書き込み)のいずれかが原因です。

MAXの計測器をスキャンボタンをクリックすると、すべてのGPIBアドレス0~30のFindLstn()テストが実行され、バス上のアクティブなリスナが検索されます。その後、*IDN?を送信して、これらの機器を特定するために読み取りを実行します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ