アーカイブ済:VI Package Managerを使用してLabVIEW Interface for Arduino Toolkitをインストールする

更新しました Nov 15, 2018

ナショナルインスツルメンツは、現在このドキュメントを更新していません。

この内容は旧製品や技術に対応しているため、リンクが切れていたり、OSや関連製品などの情報が最新ではない可能性があります。

使用製品

Software

  • LabVIEW
  • Third Party Add-Ons

問題

Arduino用LabVIEWインタフェースを使用したいと考えています。VI Package Manager(VIPM)を使用してLabVIEW Interface for Arduino toolkitをインストールするにはどうすればよいですか?

解決策

ツールキットをインストールするには、次の手順を行います。
  1. 使用しているシステムに最新バージョンのVI Package Manager(VIPM)がインストールされていることを確認します。VI Package Managerは、VIPM Community Editionを無償でダウンロードできます。
  2. VIPMを起動します。
VIPMの起動に失敗する場合は、LabVIEWのVIサーバ設定に問題が発生する可能性があります。トラブルシューティングの手順については、VI Package Manager (VIPM) Can't Connect to LabVIEWを参照してください。

 
  1. パッケージのリストにあるArduinoのLabVIEW Interfaceを参照します。

 
  1. Install &Upgrade Packagesボタンをクリックします。

 
  1. Continueをクリックします。

 
LabVIEWが再起動されることを示す画面が表示されます。OKをクリックすると、開いているVIを再起動するたびに保存するように求められます。
  1. Finishをクリックします。

 


LabVIEW Interface for Arduinoがシステムにインストールされました。ツールキットがインストールされると、VIPMを使用してツールキットの更新を確認できます。ツールキットのアップデートがあると、VIPMのアイコンは下のように変わります。Upgrade Packagesボタンをクリックすると、ツールキットが最新バージョンに更新されます。


 

LabVIEWでArduinoパレットにアクセスできるようになりました。Arduinoにロードされると、このパレットを使用してArduinoファームウェアのLabVIEWインタフェースと結びつけることができます。ファームウェアの設定方法については、How Do I Load the LabVIEW Interface for Arduino Firmware Onto My Arduino Uno?を参照してください。

追加情報

メモ: LabVIEW Interface for Arduino (LIFA) ToolkitはLINXに置き換えられました。LIFAのさらなる開発は行われないため、LINXに移行することを強くお勧めします。詳細については、How To Download Digilent LINX For LabVIEW?を参照してください。

LIFAは、LabVIEWのサードパーティ製アドオンです。ナショナルインスツルメンツでは、ni.com/arduinoディスカッションフォーラムでサポートしています。このフォーラムは、Arduino/LabVIEWユーザによって絶えず観察されています。資料やサンプルプログラムを見つけたり、知識を共有することもできます。

 

JKI VI Package ManagerはLabVIEWでのみ使用でき、LabVIEW NXGと互換性がありません。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ