LabVIEW開発環境を使用せずにLabVIEW Real-Timeスタートアップ実行ファイルをデプロイする

更新しました Jun 16, 2019

使用製品

Hardware

  • CompactRIO Chassis

Software

  • LabVIEW Real-Time Module
  • LabVIEW FPGA Module

Driver

  • NI-RIO
  • NI CompactRIO

問題

リアルタイムターゲットにデプロイする必要のあるLabVIEWリアルタイム実行可能ファイルを作成しましたが、LabVIEW開発環境にアクセスすることはできません。これをおこなうことは可能ですか?

解決策

LabVIEW実行可能ファイルがあり、LabVIEW開発環境を持っていない場合でも、下記の使用可能なソリューションの1つを使用して、PharLap、VxWorks、およびLinuxターゲットにスタートアップ実行ファイルをデプロイできます。
  1. 同一のハードウェアを使用している場合は、Replication and Deployment (RAD) Utilityを使用して、実行可能ファイルを複製イメージにデプロイできます。RADのインストール方法と使用方法については、リンク先に記載されています。
  2. 実行ファイルが正しいターゲット用にコンパイルされている場合は、ファイルをリアルタイムコントローラにFTPで転送できます。
  • 実行可能ファイルをc:\ni-rt\startup\directoryディレクトリに配置します。
  • ターゲット上のNI-RT.iniファイルまたはlvrt.confファイルで次の2つの設定を行います。
RTTarget.ApplicationPath=c:\ni-rt\startup\startup.rtexe
RTTarget.LaunchAppAtBoot=True
 

ここで、startup.rtexeは実行可能ファイルの名前です。 

追加情報

この方法は機能しますが、LabVIEW Real-Timeスタートアップ実行ファイルをデプロイする場合は、LabVIEWプロジェクトを使用することをお勧めします。

同様に、NI-RT.iniファイルは、PharLap/VxWorksターゲットのルートディレクトリであるc:\ni-rt.iniにあります。Linuxターゲットの場合は、lvrt.confファイルを使用する必要があります。lvrt.confファイルのパスは、Linuxターゲットの場合、etc/natinst/share/lvrt.confです。

設定を変更する必要があるのは、LabVIEWプロジェクトエクスプローラを使用して実行可能ファイルをリアルタイムコントローラにデプロイすると、LabVIEWは2つのフラグを自動的に設定するためです。したがって、スタートアップ実行ファイルをFTP経由でコントローラに転送する場合は、これらの2つのフラグを手動で設定する必要があります。

実行可能な実行ファイルがあるデバイスのイメージを取得し、そのイメージを新しいシステムにデプロイすることで、スタートアップの実行可能ファイルをデプロイすることもできます。LabVIEW開発環境外のLinux Real-Timeターゲットにデプロイする必要がある場合は、この方法が推奨されます。
 

LabVIEW Real-Timeスタートアップ実行ファイルをFTPからデプロイしても、スキャンエンジンの設定などのプロジェクト設定はデプロイされません。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ