どのくらいのメモリをLabVIEW 32ビットまたは64ビットに割り当てることができますか?

更新しました Nov 21, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Professional
  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Full

問題

Windowsマシンで大量のデータをメモリに格納する必要があるLabVIEWアプリケーションを開発しています。ただし、一定量のメモリを割り当てた後、LabVIEWがクラッシュしてしまいます。LabVIEWで使用できるメモリ容量に制限はありますか?

解決策

LabVIEWが使用できるメモリ容量は、使用しているバージョンとオペレーティングシステムによって異なります。

 

  • LabVIEW (32-bit)
32ビットWindowsオペレーティングシステムでは、LabVIEWはデフォルトで最大2 GBの仮想メモリにアクセスできます。 ただし、これはブート構成データストアを変更することで3 GBまで拡張できます。

64ビットWindowsオペレーティングシステムでは、LabVIEWは変更なしで最大4 GBの仮想メモリにアクセスできます。

 
  • LabVIEW (64-bit)
Windows Vista(64ビット)、Windows 7(64ビット)、Windows 8(64ビット)、およびWindows 10(64ビット)でLabVIEW 2009(64ビット)以降を使用する場合、LabVIEWは最大16 TBの仮想メモリを使用できます。

追加情報

  • LabVIEWバージョン8.5以前では、最大2 GBのメモリしか使用できません。ただし、バージョン8.5ではLarge Address Awareを利用して、2 GBを超える仮想メモリにアドレスを割り当てることができます。
  • WindowsでLabVIEWがメモリをどのように使用するかの詳細については、VIのメモリ使用ヘルプドキュメントを参照してください。
  • 仮想メモリは、実行中のプロセスで利用可能なメモリです。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ