ナショナルインスツルメンツのインストーラのサイレントインストールを実行する方法

更新しました Jun 24, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW
  • LabVIEW Run-Time Engine

問題

ナショナルインスツルメンツ(NI)インストーラのサイレントインストール、または最小限のユーザ操作でインストールを実行するにはどうすればよいですか?

解決策

コマンドライン引数を使用すると、NIインストーラのインストールを自動化し、必要なユーザ操作を最小限に抑えることができます。これは、Windowsバッチファイルの一部としてインストーラをインストールしたい場合にも非常に便利です。インストーラは、インストールする前に解凍する必要があります。コマンドラインからインストールするための構文は次のとおりです。


<インストーラファイル> [サイレントオプション] [再起動オプション] 

この記事の追加情報セクションには、Quiet optionsと再起動オプションの一覧が記載されています。

追加情報

インストーラファイル

インストーラは、実行ファイル(.exe)またはMSIファイル(.msi)のどちらかで、USBやCDなどの物理的なインストールメディア、またはダウンロードリンクから入手できます。

 

たとえば, for the LabVIEWランタイムエンジンの場合:

インストールCD/DVDから:

  • LabVIEWランタイムインストーラの実行ファイルは、LVRunTimeEng.exeです。
  • MSI形式のLabVIEWランタイムインストーラは、lvruntimeeng.msiと呼ばれ、以下の場所にあります。
    • LabVIEW 6.1: <CDドライブ>: \LVRunTimeEng
    • LabVIEW 7.x: <CDドライブ>: \components\lvruntimeeng
    • LabVIEW 8.x: <CDドライブ>: \Products\LabVIEW_Runtime_Engine_8x
    • LabVIEW 2009: <CDドライブ>: \Products\LabVIEW_Runtime_Engine_90
    • LabVIEW 201x: <CDドライブ>: \Products\LabVIEW_Runtime_Engine_201x
 

NIのウェブサイトからのダウンロードリンクから:

  • 実行ファイルは、LabVIEWランタイムエンジンのバージョンによって異なり、LVRTE[xxxx]std.exeと呼ばれます。ここで[xxxx]はバージョン番号です。LabVIEWダウンロードページ からダウンロードできます。この実行ファイルは、自己解凍型のzipファイルであり、サイレントインストールオプションを使用するには、まず解凍する必要があります。解凍が完了したら、解凍したフォルダ内のsetup.exeファイルに対して、サイレントおよび再起動オプションを使用することができます。
  • ​MSIファイルは、LV[xxxx]runtime.msiです。ここで[xxxx]はバージョン番号です。

 

 

サイレントオプション

このオプションにはさまざまな形式があり、すべて/qで始まります。これらのオプションは、LabVIEWランタイムエンジンインストーラの実行中に表示されるユーザインタフェース(UI)の数を設定します。

オプション説明

/q、/qn 

UIなし - LabVIEW 6.1ランタイムエンジンでこのオプションを単独で使用することはサポートされていません。

/qb

基本UIです。キャンセルボタンを非表示にする場合は、qbを使用することをお勧めします。インストールが終了したことを示すモーダルダイアログボックスがインストールの終了時に表示されます。

/qr

縮小UI(インストールの終了時にモーダルダイアログボックスは表示されません)

/qf

フルUI

/qn+

終了時に表示されるモーダルダイアログボックス以外のUIはありません。

/qb+

終了時にモーダルダイアログボックスが表示される基本UIです。ユーザがインストールをキャンセルした場合、モーダルボックスは表示されません。を使ってください。キャンセルボタンを非表示にする場合は、qb+!またはqb!+を使用することをお勧めします。

/qb-

モーダルダイアログボックスがない基本UIです。/qb+-はサポートされているUIレベルではありません。キャンセルボタンを非表示にする場合は、qb-!またはqb!-を使用することをお勧めします。


このオプションは、Windowsインストーラバージョン 2.0で使用可能で、基本的なUIでのみ機能します。フルUIでは無効ですので注意してください。

 

 

再起動オプション

次のようにREBOOTプロパティを設定することで、再起動を要求する特定のプロンプトを表示しないようにすることができます。

REBOOT=<REBOOTプロパティ値>

ここで<REBOOTプロパティ値>は、下記のいずれかの値を使用できます。
 

オプション説明

Force

インストールの終了時には必ず再起動を促します。UIは常に最後に再起動するオプションをユーザに要求します。ユーザインタフェースがない場合、コンピュータはインストールの終了時自動的に再起動します。

Suppress

インストールの終了時に再起動を求めるプロンプトを表示しないようにします。それでもForceRebootアクションが発生すると、インストーラはインストール中に再起動するオプションをユーザに要求します。ユーザインターフェイスがない場合は、ForceRebootごとにコンピュータが自動的に再起動します。たとえば、使用中のファイルをインストールしようとしたことが原因で発生したインストール終了時での再起動は抑制されます。

ReallySuppress

インストール中にForceRebootによって開始されたすべての再起動および再起動プロンプトを抑制します。起動プロンプトと再起動自体の両方が抑制されます。たとえば、使用中のファイルをインストールしようとしたことによるインストール終了時での再起動は抑制されます。


 

 

  1. 基本ユーザインタフェース(プログレスバー、キャンセルボタンあり)、インストールの終了時に完了メッセージを使用してLabVIEWランタイムエンジンをインストールし、インストーラの実行後ユーザに再起動を促します。
     
    • <インストーラのパス>\<exeファイル名> /qb+ REBOOT=Force 、または
    • <インストーラのパス>\<msiファイル名> /qb+ REBOOT=Force  

       
  2. 基本ユーザインタフェース(プログレスバーのみ、キャンセルボタンなし)、インストールの終了時にメッセージなしでLabVIEWランタイムエンジンをインストールして、インストーラの実行後に再起動を求めるプロンプトを表示しないようにします。
     
    • <インストーラのパス>\<exeファイル名> /qb-! REBOOT=Suppress 、または
    • <インストーラのパス>\<msiファイル名> /qb-! REBOOT=Suppress  

       
  3. ユーザインタフェースなしでLabVIEWランタイムエンジンをインストールして、インストールの終了時に再起動します。
     
    • <インストーラのパス>\<exeファイル名> /q REBOOT=Force 、または
    • <インストーラのパス>\<msiファイル名> /q REBOOT=Force

上記のように、最初の形式(exeファイルを使用)は、LabVIEW 6.1ランタイムエンジンインストーラでは動作しません。LabVIEW 6.1インストールCDから入手できるmsiファイルを使用する必要があります。この動作は、LabVIEW 7.xおよび8.xランタイムエンジンのexeインストーラで修正されています。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ