LabVIEWクラッシュ後のエラーログファイルの場所

更新しました Nov 29, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW
  • LabVIEW NXG

問題

  • LabVIEWコードがLabVIEW開発環境ごとクラッシュしました。どうすればクラッシュのログファイルにアクセスできますか?
  • LabVIEWがクラッシュした後のダンプファイルはどこにありますか?
  • LabVIEW コードがクラッシュしましたが、原因を特定する際にどのファイルがNIのサポートに役立ちますか?
 

解決策

LabVIEWの内部エラーレポートファイルの使用方法の詳細については、Troubleshooting LabVIEW Crashes and Internal Errorsを参照してください。

 

LabVIEW

LabVIEWエラーログファイルは、LabVIEWのデフォルトデータディレクトリに保存されます。ツール>>オプションからパスカテゴリを選択して、ドロップダウンメニューからデフォルトデータディレクトリを選択すると、この場所を表示または編集できます。下図は、その手順後のスクリーンショットです。


通常、デフォルトのLabVIEWデータディレクトリはC:¥Users¥<My User>¥Documents¥LabVIEW Dataです。ここで、<My User>はコンピュータのユーザフォルダを指します。


LabVIEW Versions 2010以前:
\lvfailurelog\ディレクトリに移動します。このディレクトリには、LabVIEWクラッシュの各インスタンスに対するクラッシュログファイル(.txt)が含まれています。各クラッシュログファイルには、個々のクラッシュの発生日時が記録されます。


LabVIEW Versions 2011以降:
\LVInternalReports\LabVIEW\<LabVIEWバージョン>に移動します。このディレクトリには、LabVIEWクラッシュの各インスタンスに対するフォルダが含まれています。個々のフォルダには、完全なクラッシュレポートの圧縮(.zip)フォルダが含まれています。各クラッシュレポートには、LabVIEW .txtログとクラッシュ.dmpダンプファイルが含まれています。LabVIEW 2011以降のバージョンでのNIエラーレポートの詳細については、NI Error Reporting (NIER) FAQを参照してください。


MAC OS Xオペレーティングシステム:
Mac OS Xでは、クラッシュレポートは.logファイルとして隠しディレクトリである\Library\Logsフォルダに保存されます。このフォルダを表示するには、フォルダを開き、Command-Shift-Gを押してフォルダに移動ダイアログを開きます。~/Library/Logsと入力して、クラッシュレポートが格納されているフォルダを開きます。

 

LabVIEW NXG

LabVIEWエラーログファイルは、C:¥Users¥<ユーザ>¥AppData¥Local¥National Instruments¥<LabVIEW NXGバージョン>¥ErrorReportsディレクトリに保存されます。ここで、<ユーザ>はコンピュータのアカウントフォルダです。

追加情報

  • アプリケーションビルダでビルドされた実行可能ファイル(LabVIEWランタイムエンジンを使用するビルドされたEXEアプリケーション)でクラッシュが発生した場合、クラッシュレポートは上記のLVInternalReportsで実行可能ファイル名の下にあります。 たとえば、C:¥Users¥My User¥Documents¥LabVIEW Data¥LVInternalReports¥My Applicationなどです。
  • LabVIEWエラーファイルは、LabVIEWが予期せず終了したときに何が起こっていたのかを理解するのに役立ちますが、それらに含まれている情報は、問題の原因を明確に示すものではありません。
  • このレポートをナショナルインスツルメンツに送信する際には、Information to Send With the LabVIEW Error Log Fileを参照してクラッシュ発生時の状況や問題を再現するための手順など詳細情報とともにお送りください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ