64ビット版LabVIEWから32ビットDLL、または32ビット版LabVIEWから64ビットDLLを呼び出す

更新しました Jun 26, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW

問題

64ビット版LabVIEWのライブラリ関数呼び出しノードで32ビットDLLを選択しようとすると、次のダイアログが表示されます。
 

The library selected is not valid for the current platform. For example, you are running 64-bit LabVIEW and the library might be a 32-bit library.
 



 

または、

32ビット版LabVIEWのライブラリ関数呼び出しノードで64ビットDLLを選択しようとすると、次のダイアログが表示されます。
 

選択されたライブラリは現在のプラットフォームで無効です。たとえば、LabVIEWが32ビットでライブラリが64ビットである可能性があります。
 


 

これらのエラーが表示されるのはなぜですか?64ビット版LabVIEWから32ビットDLLを呼び出すことはできますか?また、32ビット版LabVIEWから64ビットDLLを呼び出すことはできますか?

解決策

64ビット版LabVIEWから32ビットDLLを呼び出すことはできません。これは、64ビットWindowsの制限事項に関連しており、64ビットと32ビットの混在プロセスはサポートされていません。

 

64ビット版LabVIEWで32ビットDLLを使用しようとしている場合:

推奨される解決策は、64ビットターゲットアーキテクチャ用にソースコードからDLLを再コンパイルすることです。あるいは、DLLを32ビット版LabVIEW VIまたはEXEにロードし、シェア変数または他のネットワーク技術を使用して32ビット版LabVIEWと64ビット版LabVIEWの間で通信することです。

 

32ビット版LabVIEWで64ビットDLLを使用しようとしている場合:

推奨される解決策は、32ビットターゲットアーキテクチャ用にソースコードからDLLを再コンパイルすることです。あるいは、DLLを64ビット版LabVIEW VIまたはEXEにロードし、シェア変数または他のネットワーク技術を使用して64ビット版LabVIEWと32ビット版LabVIEWの間で通信することです。

追加情報

同じコンピュータにLabVIEWの32ビット版と64ビット版の両方をインストールできます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ