プログラム的にブール表示器の色を変更する

更新しました Nov 23, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Base

問題

ブール制御器や表示器のカラー[4]プロパティを使用していますが、TrueとFalseのケースカラーを指定する方法が分かりません。このプロパティを使用して定数を作成すると、データタイプは数値のクラスタのように見えます。 どのような数値がどの色に対応しているかをどのように知ることができますか?

解決策

カラー[4]プロパティは、実際には2つのU32数値要素を含むクラスタ配列を使用します。各クラスタに含まれている2つの要素は、制御器または表示器における特定のコンポーネントの前景と背景のRGB(赤、緑、青)色です。最初の配列要素に含まれているクラスタ内で最初の配列要素は、Falseブールの枠カラーです。2つ目の配列要素に含まれているクラスタ内で最初の配列要素は、Trueブールカラーです。



これらの数値定数を使用して色を指定するには、使用する色のRGBコードを知る必要があります。通常、このコードは各色ごとに0〜255のスケールで指定します。たとえば、赤色はRGBコード255、0、0で指定します。このコードを使用するには、RGBコード番号をRRGGBB形式の16進数に変換します。また、クラスタ内の数値定数形式を浮動小数点から16進数に変更する必要があります。16進数のRGBコードを使用して、各色に対応するケースに対応する数値定数にFF0000(赤色)と00FF00(緑色)を入力します。この例では、Falseの場合は赤、Trueの場合は緑です。



色を指定するより直感的な方法は、クラスタ内の数値定数をカラーボックス定数で置き換えることです。これを行うには、クラスタ内の数値定数を右クリックして置換を選択し、プログラミング>>ダイアログ&ユーザインタフェースパレットにあるカラーボックス定数を指定します。クラスタ内の数値を置換したら、カラーボックス定数をクリックして使用する色を指定します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ