cRIO、sbRIO、およびcFPコントローラのコンソールアウト

更新しました Jul 29, 2019

使用製品

その他

  • cRIO
  • sbRIO
  • cFP

問題

CompactRIO、Single-Board RIO、およびCompact FieldPointコントローラにあるコンソールアウトの機能とは何ですか?また、それらに対してコンソールアウトを有効にするにはどうすればよいですか?

解決策

NI Web-based Configuration & Monitoring

LabVIEW Real-Time 2010以降を使用している場合は、NI Web-based Configuration & Monitoring(NIウェブベース構成および監視)を使用してコンソールアウトからの出力を表示できます。この機能は、Linux Real-Timeオペレーティングシステムを実行しているターゲットでは利用できません。2009以前のバージョンを使用している場合、またはネットワークを介した通信に問題がある場合は、以下のオペレーティングシステムの手順に進んでください。
 

まずMAXで表示してNI Web-based Configuration & Monitoringがコントローラにインストールされていることを確認してから、LabVIEWヘルプに記載されているいずれかの方法に従って構成ページにアクセスします。下記のようなコンソールタスクに移動します。
 



 

Windows 8/7/Vista: 

ハイパーターミナルは、Windows Vista、Windows 7、およびWindows 8には含まれていません。したがって、デバイスのコンソールアウト機能を使用する場合は、サードパーティ製のターミナルエミュレータをダウンロードしてインストールする必要があります。PuTTYは、使用できる一つの例です。このチュートリアルでは、PuTTYを使用します。コンソールアウトからCOM1シリアルポートを介して出力を表示するには、次の手順を行います。

  1. リアルタイムコントローラをシャットダウンします。
  2. ヌルモデム(クロス)シリアルケーブルを使用してコントローラをPCに接続します。
  3. 選択したターミナルエミュレータを開きます。
    • PuTTYは、ダウンロードした実行ファイルを保存したフォルダにあります。
  4. Connection typeでSerialを選択して、ケーブルが接続されているPCのCOMポート(通常はCOM1)を選択します。
  5. Speed(ボーレート)を9600に設定します。cRIO-903xまたはcRIO-906xを使用している場合は、追加メモの3を参照してください。
  6. Openを押します。
     

     
  7. コントローラで、Console Out DIPスイッチをONの位置に切り替えます。コントローラにDIPスイッチがない場合は、追加メモの2を参照してください。
  8. コントローラの電源を入れて、PCのターミナルウィンドウで出力を確認します。
  9. トラブルシューティングが完了したら、Console Out DIPスイッチをOFFに切り替えます。
 

メモ: ターミナルウィンドウに表示されている情報は、コピーしてテクニカルサポートに送信するとトラブルシューティングに役立ちます。この情報をホストコンピュータのディスクに保存するには、次の手順を行います。

  1. PuTTY構成でSession>>Loggingに移動します。
  2. All session outputを選択します。
  3. 保存するファイルの名前を付けます。
     

     
 

Windows XP/2000/98/95:

  1. 問題が発生するリアルタイムコントローラをシャットダウンします。
  2. ヌルモデム(クロス)シリアルケーブルを使用してコントローラをPCに接続します。
  3. ターミナルプログラムを開いて、コントローラからの出力を監視します。
     
    1. スタート>>プログラム>>アクセサリ>>通信>>ハイパーターミナルを選択して、ハイパーターミナルを起動します。
    2. プロンプトが表示されたら位置情報フォームに記入します。
    3. 新しい接続を作成して名前を入力します。

       
    4. ケーブルがPC上で接続されているCOMポート(通常はCOM1)を選択します。

       
    5. 以下のシリアルポート設定を適用します。
       
      • 1秒あたりのビット数: 9600。 cRIO-903xまたはcRIO-906xを使用している場合は、追加メモの3を参照してください。
      • データビット: 8
      • パリティビット: None
      • ストップビット: 1
      • フロー制御: なし
  4. コントローラのConsole Out DIPスイッチをONの位置に切り替えます。コントローラにDIPスイッチがない場合は、追加メモの2を参照してください。
  5. コントローラの電源を入れ、PCのターミナルウィンドウで出力を確認します。

     
  6. トラブルシューティングが完了したら、Console Out DIPスイッチをOFFに切り替えます。
     
メモ: トラブルシューティングの状況では、ハイパーターミナルに表示されている情報は、コピーしてテクニカルサポートに送信するとトラブルシューティングに役立ちます。この情報をホストコンピュータのディスクに保存するには、次の手順を行います。
 
  1. ハイパーターミナルで編集>>すべての選択を選択します。
  2. 編集>>コピーを選択します。
  3. メモ帳を起動して、編集>>貼り付けを選択します。


 

Mac OS/Linux:

UNIXシステムにはハイパーターミナルはありませんが、内蔵されたターミナルがあります。Unixでコンソールアウトからの出力を表示するには、次の手順を行います。
 

  1. ターミナルアプリケーションを開きます(Mac OS: Finderでterminalと入力します)。
  2. 次のコマンドを入力します。

    screen /dev/tty* 9600 8N1

    それにより、指定したポートを監視する画面が表示されます。
     
    • screen: スクリーンプログラム
    • /dev/tty*: The name of the port you are listening to (Mac OS: type 'ls /dev/tty.*' to see the available ports)対象ポート名(Mac OS: 利用可能なポートを確認するには 'ls /dev/tty.*'と入力します。)
    • 9600: ボーレート。cRIO-903xまたはcRIO-906xを使用している場合は、追加メモの3を参照してください。
    • 8N1: 8データビット、フロー制御なし、1ストップビット
 
 

その他のオペレーティングシステム:

ほとんどのOSには、シリアルポートを監視できるターミナルプログラムが付属しています。上記の設定を使用して設定してください。

追加情報

コンソールアウトは、シリアルポートを使用してコンピュータに接続されている場合、またはネットワーク接続を使用している場合に、コントローラから有用な診断情報を提供します。この機能は、以下のシナリオでシステムのトラブルシューティングを行う場合に特に役立ちます。
 
  • コントローラの現在のファームウェアバージョンとIPアドレスを表示する。
  • 応答していないコントローラ、またはLEDでエラーが示されているコントローラを診断する。
  • Measurement&Automation Explorer(MAX)に表示されないコントローラをトラブルシューティングする。
  • NIアプリケーションエンジニアがコントローラのトラブルシューティングを支援する。

追加メモ:
  1. コンソール出力の「Bootromバージョン」に関連付けられている値は、cFP-22xxコントローラのファームウェアバージョンです。
  2. デバイスにConsole Out DIPスイッチがない場合は、NI MAXのスタートアップ設定でConsole Outを有効にできます。または、デバイスがセーフモードになると、Console Outが自動的に有効になります。
  3. cRIO-906xおよびcRIO-903xコントローラのデフォルトボーレートは、115200です。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ