LabVIEWまたはNI-DAQmxのインストール後にNI-DAQmx関数を検索または使用できない

更新しました May 10, 2021

使用製品

ソフトウェア

  • LabVIEW

ドライバ

  • NI-DAQmx

オペレーティング・システム

  • Windows

問題

最近LabVIEWのインストールあるいは、NI-DAQmxのバージョンを更新しました。 WindowsのデバイスマネージャーまたはNI Measurement&Automation Explorer(MAX)のデバイスとインターフェイスで、DAQデバイスまたはモジュールを既に表示できています。
この状態で次の問題のうち1つ以上が発生しています。
  • LabVIEW測定I / O関数パレットに特定のLabVIEW DAQmx サブVIアイコンが表示されない。
  • DAQmx関数とライブラリがLabVIEWのあるバージョンに表示されますが、別のバージョンには表示されません。あるいは、32ビットのLabVIEWには表示されますが、64ビットには表示されません(またはその逆)。
  • VIを開いたり、DAQmx呼び出しを実行しようとすると、実行矢印が壊れたり、DAQmxサブVIを検索します。
  • ブロックダイアグラムで測定I / Oパレットを開くと、期待どおりにDAQmxVIが表示されません。
  • 特定のNIMAXの機能がありません。
    • NI-MAXでデバイスを右クリックしても、テストパネルのオプションが表示されません
    • ネットワークデバイスを右クリックすると、ネットワークNI-DAQmxデバイスの検索オプションが表示されません
    • NI-MAXのマイシステムの下にデータ設定フォルダがありません
    • NI-MAXで仮想チャネルを作成するオプションがありません
LabVIEWがDAQmxパレット、関数、サブVIを見つけられない、またはコードを実行できないのはなぜですか?インストーラーが破損していますか、それともインストーラーにバグがありますか?

解決策

NI-DAQmxパレットを表示または使用できない理由には、複数の原因が考えられます。問題を絞り込んで解決するには、次の手順を実行してください。
  • NI-DAQmxドライバとハードウェアおよびオペレーティングシステム(OS)およびLabVIEWとの互換性を確認してください 。必要に応じて、正しいNI-DAQmxバージョンをダウンロード してインストールします。
  • NIパッケージマネージャを使用してNI-DAQmxをインストールする場合は、追加情報タブで、LabVIEW xxxxのNI-DAQmxサポートのチェックボックス(xxxxはLabVIEWバージョン)がオンになっていることを確認してください。ご使用のバージョンのLabVIEWが追加情報ウィンドウに表示されない場合は、LabVIEWが最新のパッチに更新されていることを確認してください。
  • 最近NI-DAQmxドライバを使用してLabVIEWをアップグレードまたはダウングレードした場合は、NI-DAQmxを使用してLabVIEWをアップグレードまたはダウングレードするためのチュートリアル の手順に従っていることを確認してください。
  • 使用しているすべての開発環境(LabVIEW、CVIなど)がデバイスドライバの前にインストールされていることを確認してください。 NIソフトウェア製品のインストール順序 は、NI製品にとって問題になることがあります。もし NI-DAQmxドライバが開発環境(LabVIEW)の前にインストールされている場合は、次のいずれかを実行します。
    • LabVIEWがNI-DAQmxドライバの後にインストールされている場合は、ドライバVIを追加します。
      1. Windowsのコントロールパネルからプログラムの追加と削除ダイアログを開きます。
      2. National Instruments Softwareを選択し、 アンインストールと変更をクリックします。
      3. NI-DAQmxを選択し、修正をクリックして、ご使用のバージョンのLabVIEWのサポートを追加します。
    • ドライバを再インストールまたは修復 して、インストール順序を修正します。完了後、必ず開発マシンを再起動してください。
  • Measurement and Automation Explorer(MAX)のマイシステム >> ソフトウェアに正しいソフトウェアパッケージがインストールされていることを確認します。
    1. ご使用のバージョンのNI-DAQmxには、次のパッケージが含まれている必要があります。
      • NI-DAQmx ADE supportは、LabVIEW、LabWindows / CVI、およびMeasurement Studioのアプリケーション開発環境(ADE)サポートを提供します。これらは、セットアップの機能ページでDAQmxのインストール中に指定できます。
      • NI-DAQmx Device Driverは、特定のバージョンでサポートされているすべてのDAQmx互換ハードウェア用のドライバが含まれています(詳細はダウンロードページにあります)
      • NI-DAQmx MAX Configurationは、MAXでDAQmxがサポートするハードウェア(テストパネル、接続図、チャネルの作成など)を操作する機能を提供します。
  1. これらの3つのパッケージがすべて揃っていない場合は、ドライバーの種類が正しくない可能性があります。 3つのドライバータイプがあります。必要に応じて、正しいNI-DAQmxバージョン をダウンロードしてインストールします。
  • NI-DAQmx xx (9.8より前は「フル」と呼ばれていました)。デバイスドライバー、MAX構成、およびADEサポートが含まれています
  • 構成をサポートするNI-DAQmxランタイムxx(構成サポート付き)。デバイスドライバーとMAX構成が含まれています。
    • テストマシンでNIMAXのハードウェアを操作するには、これを選択しますが、マシンで開発を行う予定はありません。
  • NI-DAQmxランタイムxx (9.8より前は「コア」と呼ばれていました)。デバイスドライバーのみが含まれます。
    • これは主に、開発やNIMAX構成を必要としないデプロイ済みアプリケーションを実行するテストマシンの最小パッケージとして使用されます。
  1. 正しいドライバーの種類がある場合は、ドライバーを修復してインストール順序を修正してみてください。
  • 適切なメニューファイルが実際に正しくインストールされていることを確認します。これらのメニューファイルは、インストールされたVIとLabVIEWの関数パレットを関連付けるものです。
    • それぞれのDAQおよびDAQmxVIが正しくインストールされている場合、それらのメニューファイルはC:\ Program Files \ National Instruments \ LabVIEW XX \ vi.libにあるはずです。
    • 関連するメニューファイルは、次の場所にインストールする必要があります: C:\ Program Files \ National Instruments \ LabVIEW XX \ menus \ default
  • 上記のすべての手順が確認された場合、ドライバーのインストールが破損している可能性があります。これを修正するには、NI-DAQmxドライバを強制的に再インストール します。

追加情報

古いドライバおよびLabVIEWバージョンの場合:LabVIEW 6.1を使用していて、NI-DAQ7.4.1およびLabVIEW8.0にアップグレードすると、LabVIEW6.1のDAQパレットが表示されなくなります。 NI-DAQ 7.4.1は、LabVIEW 8.0、7.1、および7.0のみをサポートします。 LabVIEW8.0がまだインストールされているときにLabVIEW6.1の従来のNI-DAQサポートを取得するには、LabVIEW8.0の従来のDAQサポートを削除するNI-DAQ7.4ドライバをロードする必要があります。 LabVIEW 8.0で最新のDAQmxをサポートするために、NI-DAQmx8.0をロードすることは引き続き可能です。