エラー -1073807265または-1073807304: VISA書き込み時にエラーが発生する

更新しました Feb 6, 2019

使用製品

Driver

  • NI-VISA

問題

LabVIEWから計測器と通信しようとしていますが、次のエラーメッセージが表示されます。

VISA書き込みでエラー -1073807265または-1073807304が発生しました

解決策

このエラーを修正するには、通信しようとしている計測器に対する正しいVISAアドレスを配線していることを確認します。GPIBデバイスの場合、Measurement&Automation Explorer(MAX)で下記のスクリーンショットのようにアドレスを見つけることができます。
 


たとえば、上記のスクリーンショットでは、アドレスはGPIB0::0::INSTRです。

 

その他のトラブルシューティング手順:

  • 計測器を正しくアドレス指定していることを確認した場合は、ケーブルをチェックして、接続の両側がしっかりと固定されていることを確認します。
  • GPIBケーブルを別のケーブルに交換して、再度通信を試みます。ごく稀に、ケーブルが破損していて、計測器との間で適切な通信が確立されないことがあります。

追加情報

LabVIEWヘルプ: VISAエラーコードによると、このエラーは下記を意味しています。

−1073807265: 検出されたリスナ状態がありません(NRFDとNDACの両方のアサートが解除されています)。

これは、通常、アドレス文字列で指定されたVISAアドレスにリスナがないことを意味します。一般的に、VISAを開く関数に間違ったアドレス(通常はGPIBアドレス)を指定すると発生します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ