電源給電型USBハブUSBベースのDAQデバイスを使用する

更新しました Nov 28, 2019

使用製品

Hardware

  • USB-TC01
  • cDAQ-9179
  • USB-6509

Software

  • LabVIEW

Driver

  • NI-DAQmx
  • NI-VISA

その他

  • GPIB USB for Keithley SMU
  • 他社製RS-485デバイス
  • OptoSigmaシリアルコントローラデバイス

問題

コンピュータにはUSBポートが2つしかないので、3つのデバイスを接続する必要があります。USBハブはマルチドロップバスなので、同時に複数のデバイスをバスに接続することができますが、それを使用できますか?
 

  • 確実に動作するために従う必要がある仕様はありますか?
  • NI MAXで3種類の計測器に対するアドレス割り当てに関する問題はありますか?
  • DAQデバイスは、アップストリームとダウンストリームのポート構成が異なるバスパワーのUSBハブで動作しますか?

解決策

仕様はすべて製造元によって異なるため、ナショナルインスツルメンツ(NI)ではUSBハブの使用をお勧めしません。不明な各バスには電力とスループットの制限があります。デバイスが機能しているように見えても、ハブはデータパケットを失う可能性があり、これはデバイスの制御外です。
 

USBハブには、バスパワー型ハブと電源給電型(セルフパワー型)ハブの2種類があります。バスパワードハブはUSBバスからすべての動作電力を受け取りますが、セルフパワーハブは外部電源から動作電力を受け取ります。
 

データ収集デバイスはバスパワー型ハブで使用できますが、ほとんどの場合ハブのダウンストリームポートに電力を供給するために電源が必要になります。より多くのデバイスが接続されると、バスパワー型ハブに接続されたUSBデバイスに利用可能な電力は減少します。この低下した電力レベルは、NI USBデバイスの一部に電力を供給して動作させるには不十分になる可能性があります。この場合、オペレーティングシステムは、デバイスを実行するのに十分な電力がないことを示すエラーを返します。
 

供給機能はハブの製造元の仕様によって異なり、デバイスが外部電源を供給できる電源給電構成をサポートしている必要があります。

追加情報

  • USBバージョンの違いを最小限にするようにします(たとえば、USB 2.0デバイスをUSB 1.0ポートに接続しないでください)。
  • キーボードやモニタなどの周辺機器のUSBポートは通常バスパワー型です。 この場合、独立した電源給電型ハブが必要です。
  • コンピュータの背面にあるポートは通常、電源給電型です。