複数のPXI/PXIe シャーシを10 MHz 基準クロックで同期する

更新しました Nov 8, 2022

使用製品

ハードウェア

  • PXI Chassis
  • PXIe-6674T
  • PXIe-6672

問題

  • 複数のPXI/PXIeシャーシがあり、10 MHz バックプレーン クロックを同期させたいと考えています。可能ですか?
  • 複数のPXI/PXIeシャーシを10 MHz バックプレーン クロックを同期するにはどうすればよいですか?

解決策

シャーシ間で基準クロックを共有する代わりに、GPS、IRIG-B、IEEE 1588 などの外部時間基準に同期する場合は、PXI_CLK10 Disciplining With a Time Reference Across Multiple PXI Chassis を確認してください。

複数のPXI/PXIeシャーシの同期は使用しているシャーシ、ハードウェアによって下記の2つの方法のいずれかで行う事ができます。

方法 1: 外部 BNC コネクタ

2 つの PXI/PXIe シャーシのクロックを同期する最も簡単な方法は1 つのシャーシの PXI_CLK10 OUT を別のシャーシの PXI_CLK10 IN に接続することです。

方法 2: タイミング スロットでタイミング カードを使用する

各シャーシでタイミングおよび同期カードを使用して、クロックをエクスポートおよびインポートします。アプリケーションに応じてクロックをルーティングするようにデバイスを構成するには、特定のタイミング モジュールのマニュアル、サンプルプログラムを参照してください。

追加情報

BNC コネクタを使用する方法の場合、外部クロックが接続された時に自動的に PXI システムクロックが上書きされます。これにより2 つのクロック波形間に非常に小さな時間スキューが発生します。これは、2 つの PXI システム間では無視できますが、より多くのシャーシをデイジーチェーン接続すると増加します。このスキューを大幅に削減するには、各 PXI_CLK10 IN コネクタに接続するケーブルの長さが等しい外部 10 MHz クロック ソースを使用します。

複数の PXI シャーシを最適に同期するには、タイミングおよび同期モジュールを使用し、複数のシャーシ間で非常に正確な同期を行います。モジュールがクロックを PXI シャーシにエクスポートすると、シャーシはシャーシクロックの代わりにこのクロックを自動的に使用します。ただし、一部の PXI シャーシでは、タイミング スロットのモジュール クロックがシャーシのシステム クロックをオーバーライドするように手動で構成する必要があります。 PXIシャーシのドキュメントを参照して、タイミングモジュールクロックがPXIシステムクロックをオーバーライドするための適切な構成を決定してください。

中規模の PXI シャーシを同期するには、タイミング信号をマスターから複数のスレーブに分割する必要がある場合があります。パッシブ スプリッターを使用すると、信号の品質が低下する可能性があります。 PXIe-6674T や PXIe-6672 などのタイミング カードには、この問題に対処するために、すべての端子にプログラム可能なしきい値があります。この例は、 Synchronizing Multiple Chassisにあります。信号をあまりにも多くのチャネルに受動的に分割すると、タイミング カードのプログラム可能なしきい値であっても、信号が大幅に劣化する可能性があることに注意してください。多数のシャーシ間で信号を分割する必要がある場合は、アクティブ スプリッターの使用または時間基準の使用を検討する必要があります。