LabVIEW FPGAコードを起動時に実行するにはどうしたらよいですか?

更新しました Feb 27, 2019

使用製品

Hardware

  • CompactRIO Chassis
  • CompactRIO Chassis (Legacy)
  • PXI FPGA Module for FlexRIO
  • PXI Multifunction Reconfigurable I/O Module
  • PXI High-Speed Serial Instrument

Software

  • LabVIEW FPGA Module
  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Professional

問題

デバイスの電源をオンにしたときにスタンドアロンのLabVIEW FPGAコードが実行されるようにしたいです。FPGA VIをFPGAターゲットにデプロイして起動時に実行するにはどうすればよいですか?

解決策

  1. ホストVIなしで実行するのに適したFPGA VIがあることを確認します。適切なVIは、フロントパネルを介してホストマシンからの入力を必要としません。多くの場合、VIにはフロントパネルオブジェクトが全くなく、物理的な入力を取り、適切な出力を作成するだけです。通常、そのようなVIとのユーザ対話はありません。
     
  2. FPGAにロードするときに実行プロパティにチェックが入っていることを確認します。このプロパティの位置は、使用しているLabVIEWのバージョンによって異なります。
    • LabVIEW 2010以降
      1. ビルド仕様の項目を右クリックし、新規>>コンパイルを選択して、FPGAプロジェクトにコンパイルを作成します。 
      2. 次に、新しいコンパイル仕様を右クリックして、プロパティを選択します。このプロパティダイアログでは、FPGAにロードすると実行プロパティを有効にすることができます。
         
    • LabVIEW 2009以前
      FPGAにロードすると実行プロパティは、FPGAターゲット自身のプロパティにあります。このプロパティダイアログにアクセスするには、FPGAターゲットを右クリックし、プロパティを選択します。
  3. このプロパティを有効にしたら、VIをコンパイルします。
     
  4. スタート>>すべてのプログラム>>National Instruments>>RIO Device SetupからRIO Device Setupユーティリティを開きます。
     
  5. Device Settingsタブで、Autoload VI on device powerup、またはAutoload VI on device rebootのいずれかを選択して、Apply Settingをクリックします。


    メモ: Linux Real-Timeターゲットでは、Device Settingsタブは使用できません。これらのターゲットのフラッシュに保存されているビットファイルのデフォルト動作は、電源投入と再起動の両方で自動ロードすることです。
  6. Download Bitfile to Flashタブをクリックし、コンパイル済みのVIのビットファイルを選択します。デフォルトでは、プロジェクトと同じフォルダにあります。LabVIEW 2010以降では、上記のビルド仕様のビットファイルの場所を簡単に変更できます。LabVIEW FPGAなしでターゲットにビットファイルをダウンロードする方法の詳細については、Download a Bitfile to NI FPGA Target Without LabVIEWを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ