CompactRIO(cRIO)やmyRIOのパスワードをリセットするには?

更新しました Jul 30, 2019

使用製品

Hardware

  • CompactRIO Controller
  • myRIO-1900
  • myRIO-1950

Software

  • LabVIEW Real-Time Module

問題

Measurement&Automation Explorer(MAX)でCompactRIOまたはmyRIOのIP設定をロックし、パスワードを忘れました。リセットするにはどうすればよいですか?
 

パスワードで保護されていて、パスワードがわからないため、cRIOまたはmyRIOにソフトウェアを追加したり削除したりできません。

解決策

パスワードの再設定方法は、Linuxターゲットであるかどうかによって異なります。

 

Linux Real-Timeターゲット以外の場合

Fまず、インストールしたLabVIEW Real-Timeのバージョンと、Real-Timeターゲットが実行しているオペレーティングシステム(OS)を確認します。次に、関連バージョンについて以下の手順を行います。

 

LabVIEW Real-Time 2009以前 

メモ: このプロセス中にパスワードは削除されます。IP設定を再設定する必要があります。

CompactRIOに物理DIPスイッチがある場合は、以下の手順を行います。

  1. IP RESETスイッチをONの位置に設定します。
  2. コントローラを再起動します。
  3. スイッチをOFFに戻します。


CompactRIOにDIPスイッチがない場合は、以下の手順を行います。

  1. STATUS LEDがオレンジまたは黄色で点灯するまでRESETボタンを押し続けます。
  2. RESETボタンを離すと、コントローラが再起動します。STATUS LEDが3回点滅して、コントローラがセーフモードになっていることを示します。
  3. STATUS LEDがオレンジ色または黄色に点灯するまでRESETボタンをもう一度押し続けます。
  4. RESETボタンを離すと、コントローラはパスワードとIP構成をリセットし、セーフモードで再起動します。
  5. MAXで対象のCompactRIOに移動して、コントローラを通常モードに再起動します。


 

LabVIEW Real-Time 2010以降

メモ: このプロセスの後、CompactRIOはパスワードなしで使用可能になりますが、CompactRIO上にあったすべてのファイルはそのプロセスで失われます。

CompactRIOのセキュリティ設定では、IPリセットが行えますが、パスワードをクリアするにはCompactRIOコントローラを再フォーマットする必要があります。

  1. DIPスイッチを使用するか、上記のようにRESETボタンを押して、コントローラをセーフモードで再起動します。
  2. MAXでコントローラを再フォーマットします。

 

 

Linux Real-Timeターゲットの場合

Linux Real Timeターゲットのパスワードをリセットするには、技術サポートに連絡する必要があります。技術サポートへお問い合わせください。

メモ: すべてのmyRIOシステムは、Linux Real-Timeが実行されています。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ