TCPの代わりにUDPを使用する場合

更新しました Nov 21, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Base

問題

どのような場合にTCP(Transmission Control Protocol)ではなく、User Datagram Protocol(UDP)を使用する必要がありますか?

解決策

User Datagram Protocol(UDP)は、IPネットワーク層プロトコルで使用するトランスポート層プロトコルです。エンドシステム(IPホスト)にベストエフォート型のデータグラムサービスを提供します。UDPは配信の保証もなく、複製からの保護もありませんが、UDPの単純さはプロトコルからのオーバーヘッドを減らし、一部のアプリケーションには適切です。

コンピュータは、最初に受信者への接続を確立せずにUDPパケットを送信することがあります。コンピュータは、UDPヘッダ(PCI)の適切なフィールドを完成させ、IPネットワーク層による送信のためにヘッダと共にデータを転送します。

通常、信頼性よりもスピードが重視されるアプリケーションでは、UDPを使用します。 たとえば、高速収集からデータを送信するアプリケーションでUDPを使用する方がよい場合があります。ここでは、いくつかのデータポイントを失う可能性があります。 また、UDPを使用して、サーバから読み取りしているすべてのマシンにブロードキャストすることもできます。

一般的な例:
  • TCPは高信頼性データ転送用
  • UDPは低オーバーヘッド転送用

追加情報

LabVIEW 8.0以降では、LabVIEWヘルプのTCP/IPおよびUDPでLabVIEWを使用するを参照してください。LabVIEW 7.1以前では、TCP/IPおよびUDPアプリケーションノートでのLabVIEWの使用を参照してください。詳細については、ヘルプ>>LabVIEWでLabVIEW Bookshelfを検索をクリックしてください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ