IMAQdxエラー -1074360305: カメラでサポートされていない属性

更新しました Sep 17, 2019

使用製品

Driver

  • NI-IMAQdx

問題

  • IMAQdxを使用してゲインなどの基本的な属性を変更しようとすると、エラー -1074360305: Attribute not supported by the cameraが発生します。ただし、MAXで同じ属性を変更することができます。
     
  • IMAQdxとLabVIEWを使用してカメラの属性を呼び出そうとしています。IMAQdxプロパティノードのActiveAttributeプロパティに文字列を渡すと、エラー -1074360305が発生します。この属性名は、IEEE 1394カメラドライバ用のレガシーIMAQで機能します。IMAQdxドライバの文字列入力として、レガシードライバの列挙体制御器に表示される属性の正確な名前を入力しました。これが機能しないのはなぜですか?

解決策

メモ: 属性リストのアーキテクチャは、従来のIMAQとIMAQdxの間で変更されました。この詳細については、NI-IMAQdxでプログラム的に属性を取得および設定するを参照してください。
 

カメラ属性の正しい構文は、IMAQdxパレットにあるIMAQdx Enumerate Attributes VIを使用して取得できます。このVIは、カメラ属性のリスト全体を、次の要素を含むクラスタ配列に出力します。
 

  1. 属性の正確な文字列名
  2. 読み取り/書き込み権限
  3. 属性が受け入れる特定のデータタイプ


配列に指標を付けて、目的の属性を参照および検索します。下図に示すように、クラスタ内のAttribute NameフィールドをActiveAttributesプロパティに渡して、その特定の属性を参照します。


追加情報

サンプルVIを使用して、これがどのように実装されているかを確認することもできます。 たとえば、NI-IMAQdx 18.5では、Grab and Basic Attributes VIおよびGrab and Attributes Setup VIというサンプルには、IMAQdx Enumerate Attributes VIおよび追加機能が含まれています。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ