LabVIEWを起動するとアクセス違反0xC0000005でクラッシュする

更新しました Sep 23, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW

Operating System

  • Windows

問題

  • LabVIEWを起動しようとするとクラッシュし、アクセス違反0xC0000005エラーが発生します。
  • アップグレードされたオペレーティングシステム(OS)で以前のOSで開発されたアプリケーションを開くと、error code = 0xC0000005 Access ViolationメッセージでLabVIEWがクラッシュします。
  • 最初にLabVIEWを起動すると、アクティブ化ウィンドウがポップアップしました。シリアル番号を入力して、アクティブ化ボタンを押します。数秒後、アクセス違反0xC0000005エラーが表示されます。

解決策

クラッシュを解決するには、次のトラブルシューティング手順を試します。
 

追加情報

アクセス違反エラーは、必ずしもそうとは限りませんが、権限が原因である可能性があります。これは、アクセス権のないプログラムを起動しようとした場合、またはファイルがアクセス権のないフォルダにアクセスしようとした場合に発生する可能性があります。これは、管理者権限の不足が原因である可能性があります。

LabVIEWのクラッシュが発生した場合は、いつでもNIにクラッシュレポートを提出可能です。これを行うには、LabVIEWクラッシュレポートダイアログボックスで送信をクリックします。これらのクラッシュレポートはNIで分析され、製品に改善が加えられています。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ