エラー 56: LabVIEWでTCPリスンVIを使用するとエラーが発生する

更新しました Jun 22, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Professional

問題

TCPリスンVIを使用していますが、次のエラーが発生します。
エラー 56: ネットワーク操作がユーザにより指定された時間制限またはシステムの時間制限を超えました。

解決策

これは、TCP VIがIPアドレスではなくマシン名を返すように設定され、サーバがマシン名ではなくIPアドレスを読み取るように設定されている場合に発生します。


2つの解決策があります。

  1. TCP VIがマシン名ではなくIPアドレスを返すようにします。 詳細については、TCPリスンやTCPリスナを待機VIでIPアドレス取得するを参照してください。
  2. ネットワークの名前リゾルバを設定します。これを行う方法はネットワークによって異なる場合があります。

このタイムアウトエラーは、TCPに関連しないコードの他の部分によっても発生する可能性があります。コード内の至る所で再入可能VIを使用している場合は、競合状態やTCPサーバのタイムアウトを引き起こす可能性のあるその他の要因がないことを確認します。

追加情報

メモ: IPアドレスの代わりにマシン名を読み取るように構成されたサーバは、名前解決を実行すると言われています。マシン名とIPアドレスを返すようにVIを設定する場合も同様の用語が使用されます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ