エラー4803: サウンド出力構成VIでエラーが発生する

更新しました Sep 20, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Base

問題

波形を再生Express VIを使用すると、エラー4803が表示されます。この問題を修正するにはどうすればよいですか?
 

エラーコード4803が波形を再生->サウンド出力.viで発生

考えられる理由:
LabVIEW: (Hex 0x12C3) サウンドドライバまたはカードは、指定された構成に対応できません。入力されたパラメータが、ハードウェアおよびドライバのサポートされている範囲内であることを確認してください。

 


 

解決策

サウンドカードは、使用しているサンプリングレートをサポートしていません。サウンドカードに合わせて信号をリサンプリングする必要があります。波形をリサンプリングするには、複数波形のリサンプリングVIを使用できます。これにより、波形のサンプリングレートが変更され、サウンドカードで再生できるようになります。
 

たとえば、初期波形が2 MHzでサンプリングされ、サウンドカードが48 kHzのみをサポートしている場合、サンプリング間隔(dt)が2.1E-5(1/48k)になるように波形を変更する必要があります。この例では、これによりデータが失われますが、サウンドカードを使用して信号を再生できます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ