エラー 3: LabVIEW実行ファイルを実行するとLabVIEWロードエラーコード3が発生する

更新しました Jun 23, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Application Builder Module
  • LabVIEW

Driver

  • NI-DAQmx

問題

LabVIEWアプリケーションビルダで実行ファイルを作成しましたが、実行すると以下のエラーメッセージが表示されます。

LabVIEWロードエラーコード3: フロントパネルを読み込めませんでした。

解決策

LabVIEW 8.0以降:

  1. プロジェクト内の実行ファイルのビルド仕様を右クリックして、プロパティを選択します。

 
  1. ソースファイル設定カテゴリを選択します。

    プロジェクトファイル項目で、フロントパネルを含めるために必要なサブVIをハイライトします。サブVIがプロジェクトファイルリストに表示されるようにするには、サブVIがプロジェクトの一部である必要があります。(サブVIはエラーメッセージに記載されています。)

     
  2. デフォルトの保存設定を使用チェックボックスのチェックを外します。

     
  3. フロントパネルを削除チェックボックスのチェックを外します。

 
  1. フロントパネルを含める必要がある他のすべてのサブVIに対して、手順2~4を繰り返します。
     
  2. アプリケーションをビルドします。



 

LabVIEW 7.1以前:

  1. アプリケーションまたは共有ライブラリ(DLL)を作成ウィンドウを開きます。
  2. VI設定タブをクリックします。
  3. フロントパネルを含める必要があるサブVIをハイライトします。
  4. 画面下部にあるビルド設定を編集...ボタンをクリックします。
  5. パネルを削除ドロップダウンメニューからいいえを選択します。
  6. 画面下部の変更ボタンをクリックします。
  7. フロントパネルを含める必要がある他のすべてのサブVIに対して、手順3~6を繰り返します。
  8. 通常どおりにアプリケーションのビルドを終了します。

追加情報

このエラーは、実行ファイルがプロジェクト内にあるいずれかのサブVIのフロントパネルを表示している場合に発生します。アプリケーションをビルドする際、LabVIEWアプリケーションビルダはすべてのサブVIのフロントパネルを自動的に削除します。これらは通常不要であり、それらを削除することで実行ファイルのサイズを小さくすることができます。
 

実行ファイルがいずれかのサブVIのフロントパネルをロードする場合は、上記の解決策に沿ってインラインでビルドプロパティに指定する必要があります。これにより、アプリケーションビルダがすべてのサブVIのフロントパネルを削除するときに除外されます。
 

このエラーは、開発マシンで使用されているソフトウェアバージョンまたはデバイスドライババージョンが、ターゲットマシンで使用されているランタイムエンジンと一致しない場合に発生することがあります。たとえば、ターゲットコンピュータがDAQmx 16.0を使用し、開発用コンピュータがDAQmx 17.6を使用している場合は、ターゲットバージョンをアップグレードするか、開発を元に戻してバージョン管理を一致させます。
 

このエラーは、NI-DAQmx VIを利用するアプリケーションをビルドするときにも発生することがあります。NI-DAQmx VIでこのエラーが発生した場合は、ドライバが開発用コンピュータに正しくインストールされていることと、ソースコードがLabVIEW環境で正しく動作していることを確認してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ