エラー 1430または6: VxWorksコントローラでパスに文字列を使用するとエラーが発生する

更新しました Jan 28, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Full

問題

VxWorks OSコントローラでファイルI/Oを実行しようとすると、以下のエラーが発生します。

エラーコード1430が不明位置で発生

考えられる理由:
LabVIEW: パスは空または相対パスです。絶対パスでなければなりません。

解決策

このエラーは、パスが正しく指定されていない場合に表示されます。これは、ほとんどの場合、パスの形式が不適切なために発生します。

ファイルパスを指定するための好ましい方法は、c:\のファイルパス定数を使用してからパス作成関数を使用してパスに文字列定数を追加することです。この実装の詳細については、Tutorial: Working With File Paths on Real-Time Targetsを参照してください。

何らかの理由でパスに文字列をキャストする必要があり、パス制御器またはパス定数を使用できない場合、パスに作成した文字列がルートディレクトリとしてc:\を使用しているとこのエラーが発生する可能性があります。

たとえば、TCPのような文字列のみのプロトコルでパスをやり取りする必要がある場合に起こります。文字列からファイルパスを作成している場合は、/c/をベースパスとして使用する必要があるからです。Windowsパスで使用されているバックスラッシュの代わりにスラッシュを使用してサブフォルダーを指定します。

パスにキャストする前に、必ず文字列全体を作成してください。VxWorks OSは、この規則に従うUnixスタイルのファイルパスを使用します。次のスニペットは、cRIOコントローラ上のファイルの構文を示しています。
 



パス制御器、表示器、およびVIは、Windows形式のパスを自動的にUNIX形式に変換します。パス定数またはパス制御器を使用していて、パスに文字列をキャストしていない場合は、Unix形式のパスを使用しないでください。UNIX形式でパスを入力すると、エラー1430が発生します。

追加情報

cRIO-901x、cRIO-902xおよびcRIO-907xシリーズは、VxWorksオペレーティングシステムを使用しています。リアルタイムコントローラとOSの互換性については、Real-Time Controllers and Real-Time Operating System Compatibilityを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ