LabVIEWでサードパーティ製のEtherCAT®スレーブを追加する

更新しました Dec 18, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW

Driver

  • NI-Industrial Communications for EtherCAT

その他

  • Copley Controller

問題

LabVIEWでサードパーティ製のEtherCATスレーブを使用するにはどうすればよいですか?

解決策

  1. NIプログラマブルオートメーションコントローラ(PAC)を使用したEtherCATシステム構築方法にあるマスタコントローラの構成手順に従って、EtherCATコントローラをセットアップします。
  1. サードパーティ製スレーブ用のEtherCAT XMLデバイス記述ファイルを探します。これらのファイルは、EtherCAT規格で指定されたフォーマットに従い、通常はスレーブベンダによって提供されています。
  1. EtherCATマスタ>>ユーティリティ>>インポート>>デバイスプロファイルを右クリックして、デバイスプロファイルをインポートします。デバイスプロファイルのインポートダイアログボックスが表示されます。
  1. 参照 をクリックし、次のいずれかの方法でデバイスプロファイルを選択します。
a. デバイスプロファイルをインポートするには、ファイルを選択して開くをクリックします。
b. フォルダを開き、現在のフォルダをクリックしてフォルダの下にあるすべてのデバイスプロファイルをインポートします。

メモ: スレーブデバイスプロファイルでMDP(Modular Device Profile)を使用する場合は、親XMLファイルとモジュールファイルの両方を同じフォルダに置き、この方法でフォルダ全体をインポートする必要があります。お使いのデバイスにMDPがあるかどうかわからない場合は、スレーブデバイスの製造元にお問い合わせください。
 
  1. インポート結果が表示されるようになりました。インポート結果成功と表示された場合、ファイルは正常にインポートされます。そうしないと、ファイルが無効な形式またはその他の理由でインポートされません。
  1. (オプション) 他のデバイスプロファイルをインポートするには、手順2を繰り返します。
  1. 閉じるをクリックしてダイアログを終了します。
  1. XMLファイルが適切なディレクトリに正しくインポートされていることを確認します。
a. XMLファイルが表示されない場合は、手動で適切なフォルダに追加します。
 
  1. スレーブプロファイルがインポートされたので、スレーブをLabVIEWプロジェクトに追加できます。 EtherCATマスタ項目を右クリックして、新規>>ターゲットとデバイスを選択します。
  1. 既存のスレーブを自動検出するか、オフラインモードで新しいスレーブを追加します。

メモ: デバイスでMDPが使用されている場合は、新しく追加されたスレーブデバイスを右クリックし、新規>>ターゲットとデバイスを選択し、適切なスレーブモジュールを追加する必要があります。

追加情報

LabVIEWでは、サードパーティ製のEtherCATスレーブをリアルタイムホストから制御できます。複数のイーサネットアダプタを備えたリアルタイムターゲットは、通常、EtherCATスレーブと通信できるEtherCATマスタとして使用できます。ナショナルインスツルメンツのサポートされているEtherCATマスタの全リスト(EtherCATドライバ18.0以降)については、NI-Industrial Communications for EtherCAT® Readmeを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ