Cシリーズモジュールを使用したスキャンインタフェースモードでのパルス幅変調

更新しました Apr 9, 2019

使用製品

Hardware

  • NI-9401
  • NI-9472
  • NI-9474
  • NI-9475
  • NI-9402

問題

RIOスキャンインタフェースモードでパルス幅変調(PWM)を実行するようにNI-9401などのCシリーズモジュールを構成することは可能ですか?

解決策

はい、可能です。これは、LabVIEWプロジェクトエクスプローラ内からモジュールを静的に構成するか、LabVIEW環境で動的に構成することで実行できます。サポートされるモジュールについては、CompactRIO、CompactDAQ、Single-Board RIO、Rシリーズ、EtherCATデバイスのソフトウェアサポートを参照してください。

RIOスキャンインタフェースモードでPWMを実行するには、以下の手順を行います。
 

  1. 下図のようにモジュールがスキャンインタフェースに追加されたら、モジュールを右クリックしてプロパティを選択します。
     


     
  2. Cシリーズモジュールプロパティウィンドウが表示されたら、特殊デジタル構成カテゴリを選択して、特殊モードプルダウンメニューからパルス幅変調を選択します。下図のように、各チャンネルのPWM信号の周波数を選択できます。
     

追加情報

サポートされているモジュールで可能な周波数は、以下のとおりです。
 

Cシリーズモジュール周波数
NI 9401 *1 Hz、50 Hz、250 Hz、500 Hz、
1 kHz、5 kHz、10 kHz、20 kHz
NI 9402 *1 Hz、50 Hz、250 Hz、500 Hz、
1 kHz、5 kHz、10 kHz、20 kHz
NI 94721 Hz、50 Hz、250 Hz、500 Hz、
1 kHz、5 kHz、10 kHz、20 kHz
NI 94741 Hz、50 Hz、250 Hz、500 Hz、
1 kHz、5 kHz、10 kHz、20 kHz
NI 94751 Hz、50 Hz、250 Hz、500 Hz、
1 kHz、5 kHz、10 kHz、20 kHz


これらのモジュールでは、モジュールのラインに必要なライン方向も構成する必要があります。これは、Cシリーズモジュールプロパティのモジュール構成カテゴリで行います。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ