MAXでエラー -88705が発生するが、Windowsデバイス マネージャーでは表示される

更新しました Nov 21, 2018

使用製品

Hardware

  • GPIB-USB-HS
  • GPIB-USB-B
  • cDAQ-9188
  • cDAQ-9184
  • NI ELVIS

Driver

  • NI-DAQmx
  • NI-488.2

Operating System

  • Windows

問題

  • Measurement & Automation Explorer (MAX)で開こうとしているGPIBデバイスがあります。MAXでそれをセルフテストを行うと次のエラー-88705が発生します。
    指定されたデバイスが存在しないか、システムでアクティブではありません。デバイスがこのシステムにインストールされていないか、プラグが抜かれているか、正しくインストールされていない可能性があります。
  • WWindowsデバイス マネージャーでGPIBまたはDAQデバイスを検索すると、デバイスが正しく表示されます。これが以前に起こった場合、潜在的に「NI Monitor」か何かを再起動する必要があることを覚えています。 
  • イーサネットcDAQに接続しようとすると、MAXでデバイスに到達できませんというメッセージが表示されます。デバイスにpingを実行すると、ウェブインタフェースでデバイスとモジュールを確認できます。cDAQのIPアドレスを変更することもでき、IPアドレスは正しく保持されます。しかし、MAXのcDAQシャーシでは、Cシリーズモジュールが表示されません。デバイスでセルフテストを実行すると、エラー -88705が返されます。

解決策

NI Device LoaderとNI Configuration Managerサービスが、再起動せずに停止している可能性があります。次の手順をおこなってサービスを再起動し、エラーまたはタイムアウトが発生した場合に自動的に再起動するように設定します。

Windows 10/8/7の場合: 
  1. 管理者または管理者権限を持つユーザとしてログインします。
  2. スタート>>コントロールパネル>>システムとセキュリティ>>管理ツール>>サービスを選択します。
  3. NI Device Loader(nidevldu)を探し、右クリックしてプロパティを選択します。
  4. サービスが開始されていることを確認します。起動していない場合は、開始ボタンを使用してサービスを開始します。

     
  5. 回復タブをクリックし、下図に示すように最初のエラー次のエラー、およびその後のエラーリストボックスからサービスを再起動するを選択します。


Windows 2000/XPの場合:
  1. 管理者または管理者権限を持つユーザとしてログインします。
  2. スタート>>設定>>コントロールパネル>>管理ツール>>サービスに移動します。
  3. NI Device Loaderサービスを右クリックし、ドロップダウンメニューからプロパティを選択します。
  4. サービスが開始されていることを確認します。起動していない場合は、開始ボタンを使用してサービスを開始します。
NI Device Loaderが自動的にNI Configuration Managerサービスを開始します。この構成を変更すると、コンピュータを再起動するたびに正しいサービスが開始されます。

NI Device Loaderがまだ応答しない場合は、NI mDNS Responderサービスがサービスで開始されているかどうかを確認してください。NI Device Loaderは、DAQmxバージョン9.6より前の mDNS Responderサービスに依存しています。mDNS Responderサービスが開始されない場合は、NIサポートにお問い合わせください。

追加情報

この問題は、コンピュータのオペレーティングシステムが起動するまでに時間がかかる場合に発生します。他のサービスからのリソース要求が多いため、OSが使用する時間が増えるとNI Device LoaderおよびNI Configuration Managerサービスがタイムアウトして正しく起動しなくなる可能性があります。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ