LabVIEWでアプリケーションまたはインストーラをビルドすると「プレビュー生成エラー」が表示される

更新しました Jun 25, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW 2013 Full

問題

LabVIEW 2013でインストーラをビルドしようとすると、「プレビュー生成エラー」が表示されます。インストーラをビルドするにはどうすればよいですか?

解決策

このエラーが発生する理由は、いくつかあります。
 

インストーラのビルド時

実行ファイルはビルドできても、インストーラをビルドするとエラー生成プレビューが表示される場合は、LabVIEW 2013の既知の問題が原因の可能性があります。この問題は、CAR 429282として追跡され、LabVIEW 2013 SP1で修正されました。推奨する修正方法は、LabVIEW 2013 SP1以降にアップグレードすることです。

 

アプリケーション(実行ファイル)のビルド時

実行ファイルをビルドするとプレビュー生成エラーが表示される場合、アプリケーションビルダが実行ファイルに組み込まれているコードとのリンク問題を発見しているからです。


これを修正するには、アプリケーションプロパティのその他の除外項目カテゴリで、問題のあるVIをビルドから削除します。コンテキストヘルプ(有効にするには<Ctrl-H>)を使用して、各除外項目の上にマウスを移動すると、各オプションの説明が確認できます。プロジェクトライブラリの未使用のメンバーを削除チェックボックスにチェックを入れると、多くの場合このエラーが修正されます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ