FireWire(IEEE 1394)カメラの取り付けに関する問題のトラブルシューティング

更新しました Nov 22, 2018

使用製品

Hardware

  • PCIe-8253
  • PCI-8252
  • PCIe-8255

Driver

  • NI-IMAQ
  • NI-IMAQdx

問題

  • 一般的なFireWireカメラの取り付けに関する問題の一般的な解決方法は何ですか?
  • FireWireカメラがNI MAXに表示されません。
  • FireWireカメラは、アプリケーションが動作しているとき断続的に接続が切れます。これを解決するにはどうすればよいですか?(ソフトウェア互換性のWindowsデバイスマネージャセクションを参照)
  • FireWire(IEEE-1394)カメラがLabVIEWアプリケーションで正常に動作していましたが、現在実行するとエラー-1074360311:カメラが見つかりません。が発生します。

解決策

FireWireカメラを取り付ける際の一般的な問題は、MAXまたはデバイス マネージャーでカメラが認識されないか、カメラから取得できないことです。これらのタイプの問題は、多くの場合、3つの原因に起因しています。
  • ソフトウェア互換性
  • ハードウェア互換性
  • ハードウェアの故障
メモ: ナショナルインスツルメンツ(NI)のソフトウェアとハードウェアをインストールするには、管理者としてログインするか、Windowsで管理者権限を持っている必要があります。


 

ソフトウェア互換性

適合するカメラ

NI-IMAQdxおよびIMAQ for IEEE 1394で動作するには、カメラがIIDC/DCAM仕様に準拠している必要があります。
  • テスト済みでサポートされているIEEE 1394カメラについては、カメラネットワークバスタイプ>>IEEE 1394を選択するとリスト表示できます。
  • NI-IMAQ for IEEE 1394バージョン1.5.x以前では、IIDC 1.30準拠のカメラをサポートしています。NI-IMAQ for IEEE 1394バージョン2.0以降、およびIMAQdxは、IIDC 1.31(およびそれ以前)準拠のカメラをサポートしています。

 

ドライバのインストール

カメラドライバは、NIソフトウェアとカメラとのインタフェースとなります。
  1. NI-IMAQdxドライバの最新バージョンがインストールされ、アクティブ化されていることを確認します。ソフトウェアライセンスを購入するには、製品とサービス: NI画像入力ソフトウェアを参照してください。また、このドライバの評価版をダウンロードするには、ダウンロードページ: Vision Acquisition Softwareを参照してください。
  2. オペレーティングシステムがドライバによってサポートされていることを確認します。
  3. 競合するサードパーティ製のドライバがないことを確認します。
  4. FireWireカードまたは内蔵FireWireポート用ドライバの最新バージョンがインストールされていることを確認します。
 

Windowsデバイス マネージャー

Windowsデバイス マネージャーは、オペレーティングシステムによって認識されるすべてのハードウェアを表示します。
  1. FireWireカメラまたはカードがWindowsデバイス マネージャーに表示されない場合は、ドライバから見ることはできません。
     
    1. スタート>>コントロール パネル>>システム>>ハードウェアタブ>>デバイス マネージャーを選択して、デバイス マネージャーを起動します。
    2. ほとんどのFireWireカードは、デバイスマネージャのネットワーク アダプターFireWireコントローラーまたはイメージング デバイスのカテゴリに一覧表示されます。カメラは、National Instruments IMAQ Interfacesカテゴリにリストされている必要があります。そうでない場合は、Troubleshooting Hardware Installation Problemsをおこないます。
    3. FireWireカードまたは内蔵FireWireポート用の最新バージョンのドライバがインストールされていることを確認します。

メモ: FireWireカードには、オペレーティングシステムによる認識に必要なOHCIチップセットがない場合があります。
 

    1. カメラが汎用1394デスクトップカメラとして表示されている場合、またはその隣に感嘆符が表示されていて正しく設定されていない場合は、次の手順を行い、NI-IMAQdxまたは従来型NI-IMAQ for IEEE 1394を再インストールします。
       
      1. デバイスを右クリックします。
      2. ドライバの更新を選択します。
      3. コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索を選択します。
      4. 検索はせずに、コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択しますを選択します。
      5. 使用可能なドライバのリストから、NI-IMAQdxドライバまたは従来型NI-IMAQ for IEEE 1394のいずれかを選択します。
      6. ドライバを更新した後、MAXを開いて、表示>>更新を選択します。カメラを表示するには、マイシステム>>デバイスとインターフェース>>NI-IMAQdxデバイス、またはマイシステム>>デバイスとインターフェース>>従来型NI-IMAQ for IEEE 1394デバイス(選択したドライバに応じて)を選択します。

         
    2. カメラが1台のコンピュータでは表示されて別のコンピュータでは表示されない場合は、動作していないコンピュータが動作しているコンピュータと同じドライバであるかを確認します。従来型NI-IMAQ for 1394がカメラに必要なものであっても、コンピュータはハードウェアで非レガシードライバの優先順位を設定することがあります。
    3. カメラがデバイス マネージャーにまったく表示されない場合は、OHCIバスホストコントローラのドライバがデフォルトのドライバからサードパーティ製のドライバに変更されている可能性があります。これを解決するための手順は次のとおりです。
       
      1. デバイス マネージャーで、バスホストコントローラー、1394バス、または同様の名前のデバイスを探します。
      2. 見つけたら、上記の1から4までの手順を行います。
      3. 使用可能な場合は、OHCI準拠IEEE 1394ホストコントローラードライバを選択します。その特定のドライバが利用できない場合は、カメラを一般的なデスクトップカメラとして表示されるまで、他のオプションをいくつか試します。
      4. NIのドライバとカメラを関連付けるには、上記の手順を行います。

         
    4. カメラが断続的に表示される場合は、オペレーティングシステム用の最新サービスパックがインストールされているか、最新のオペレーティングシステムにアップグレードされていることを確認します。また、以下のように電源要件が満たされていることを確認します。
     

    MAX - Measurement & Automation Explorer

    ドライバがカメラに関連付けられていることを確認します。デフォルトでは、ドライバは初めて接続されたときにIEEE 1394カメラに関連付けられていません。
    1. MAXを起動するか、表示>>更新(F5)を選択します。
    2. 左側のツリーでデバイスとインタフェースを展開して、カメラを探します。
    3. カメラが一般的なIEEE 1394カメラまたは汎用コンシューマカメラとして表示される場合は、カメラを右クリックし、NI-IMAQdxまたは従来型NI-IMAQ for IEEE 1394を手動で割り当てます。新しいドライバがデバイスに割り当てられていることを示す警告ダイアログが表示される場合がありますが、これは正常です。手動でカメラファイルを削除しない限り、システムに接続されている固有のカメラごとにこの手順を1回だけ繰り返す必要があります。
    4. LabVIEWまたはVision Builderで画像を収集できますが、MAXで表示できない場合は、一般的に2つの理由があります。
      • MAXデータベースが壊れているため、カメラがMAXに表示されないことがあります。破損したデータベースを修正するには、次のコマンドを使用して構成ファイルを再生成します。コマンドプロンプトからこのコマンドを実行する必要があります。コマンドを実行するときにMAXを閉じることを確認してください。

         
    5. スタート>>名前を指定して実行...を選択します。
    6. cmdを入力してコマンドラインウィンドウを起動します。
    7. 次のコマンドを入力して、MAXディレクトリに移動します。
      cd <ルートディレクトリ>\Program Files\National Instruments\MAX
    8. 次のように入力します。mxsr.exe -uconfig.mxs
       

      これは、ベータソフトウェアが以前にマシンにインストールされているときに通常発生するインストール上の問題の可能性があります。ドライババージョン1.5が正しくインストールされると、imaqcfgui.mxsファイルは<ルートディレクトリ>/Program Files/National Instruments/MAX/UI Providersのディレクトリにあります。

      このファイルがない場合、インストールは正常に完了しませんでした。通常は、インストーラCDのIMAQCFG.msiを検索するのが簡単な解決策です。このインストーラを実行すると、問題が解決されます。これが失敗する場合は、再インストールする必要があります。

     

     

    ハードウェア互換性

    電源要件

    カメラがコンピュータのFireWireポートに接続され、電源が入っていることを確認します。1394カメラにはLED電源インジケータがあります。ほとんどのカメラは、給電されたハブから6ピン(A)または9ピン(B)のFireWireケーブルを介して電力を供給されます。FireWireカメラに電力が供給されない理由は次の3つです。
     

    • ラップトップに接続 - 一部のラップトップには電源を供給しない4ピンポートがあります。PCMCIA FireWireカードを使用すると、カメラに十分な電力が供給されないことがあります。
    • 同じハブ上にある複数のカメラ - ハブには複数のポートがあります。1つのハブにカメラが多すぎる場合は、外部電源を備えたFireWireハブを使用できます。そのようなFireWireハブの例として、Belkin FireWire 6ポートハブ(モデル#F5U526)があります。これに限らず、外部電源付きのハブなら動作するはずです。
    • ケーブルが長すぎる - ケーブルが長すぎると、付属の電源または信号がカメラに達する前に途切れる可能性があります。

       

    カメラから送られた信号

    1. カメラから信号を送信していることを確認します。収集をテストするには、カメラをフリーランモードに設定します。カメラがトリガが送信されたときにのみ収集するように設定されている場合、タイムアウトが発生する前にトリガが送信されていることを確認します。
    1. 別のスロット/ポート、コンピュータ、またはデバイスを試す - 次の手順では、ハードウェアの互換性と損傷をテストするという2つの目的があります。なお、すべてが必要なわけではありません。
       
      • 別のポートにカメラを取り付けます。
      • 別のコンピュータ(使用可能な場合)にカメラを取り付け、正しく動作していることを確認します。
      • 同一のカメラがもう1台ある場合は、問題のコンピュータでテストします。
         

    ファームウェア

    カメラのファームウェアが古い可能性があります。たとえば、DFK 31BF03-ZがMAXに表示されない場合は、カメラのファームウェアが期限切れになっている可能性があります。付属のzipファイルに含まれているBFChecker.exeプログラムを実行して現在のファームウェアを確認し、バージョンが3209より古いファームウェアを使用している場合は、BFFirmwareUpdate.exeプログラムを実行して更新します。ファームウェアをDFK 31BF03を使用してバージョン3209にアップデートするDFK 31BF03 Z Firmwareupdate 3209.zipは、NI-IMAQdxデバイスでMAXがカメラを認識できるようにします。

     

     

    ハードウェアの故障

    上記の手順で問題がカメラまたはインタフェースカードに絞り込めた場合、故障している可能性があります。カメラやインタフェースカードの製造元に連絡して、修理や交換が行えるかを確認してください。

    この記事はお役に立ちましたか?

    いいえ