MAXデータベースを手動でリセットする

更新しました Aug 23, 2019

使用製品

Software

  • Measurement and Automation Explorer (MAX)

Operating System

  • Windows

問題

次のいずれかの問題があります。
 
  • NI Measurement&Automation Explorer(MAX)を開けません。
  • 約10分後にタイムアウトエラーが発生します。
  • MAXデータベースが破損しているようです。
  • PXI(e)デバイスがPXI1Slot#ではなく、Dev#として列挙されています。
  • PXI(e)デバイスが間違った順序で列挙されています。
  • niGPIBsys.dllに関するエラーが発生します。
  • プラグインをロード中にプログラムが起動時に動かなくなる

解決策

MAXバージョン5.0以降を使用していてMAXを起動可能な場合は、NI MAXデータベースファイルをリセットする方法 の手順を行いデータベースを自動的にリセットできます。MAXデータベースは、次の手順で手動でリセットすることもできます。
 

  1. すべてのNIアプリケーションを終了します。この手順の間は、すべてのファイアウォールソフトウェア(F-Secure、Norton、ZoneAlarmなど)が無効になっていることを確認します。これは、Windows Vista以降で特に重要です。
     
  2. MAXデータベースサービスを停止します。
     
    • Windows XP、および2000の場合:
      1. Windowsのスタートメニューからファイル名を指定して実行...を選択します。
      2. cmdと入力して、OKをクリックします。
      3. コマンドプロンプトでnet stop mxssvrと入力してEnterキーを押し、MAXデータベースサービスを停止します。他のサービスを停止するように求められたら、それらを停止します。
      4. exitと入力してEnterキーを押すと、コマンドウィンドウが閉じます。
         
    • Windows Vista以降の場合:
      1. Windowsのスタートメニューからプログラム>>アクセサリを選択します。
      2. コマンドプロンプトを右クリックして管理者として実行を選択します。コマンドプロンプトが管理者権限なしで実行すると、「システムエラー5が発生しました。アクセスが拒否されました。」というエラーが発生します。
      3. net stop mxssvrと入力してEnterキーを押し、MAXデータベースサービスを停止します。 他のサービスを停止するように求められたら、それらを停止します。
         
      4. exitと入力してEnterキーを押すと、コマンドウィンドウが閉じます。
         
        メモ: MAXデータベースサービスを停止できない場合は、システム構成スタートアップからNIソフトウェアを削除してください。
         
        1. Windowsのスタートメニューからファイル名を指定して実行...を選択します。
        2. msconfigと入力して、OKをクリックします。
        3. スタートアップタブに移動します。
        4. リストからNI Update ServiceおよびNIDEVMONの選択を解除します。
        5. 適用をクリックしてからOKをクリックします。
        6. コンピュータを再起動して、手順1から始めます。
         
         
  3. Lastフォルダを見つけます。
     
    • Windows XP、および2000の場合:
      1. C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\National Instruments\MAX\Data Dictionaries\Last に移動します。
      2. Application Dataフォルダは、デフォルトでは非表示です。隠しフォルダを表示するには、ツール>>フォルダオプション...を選択してから、表示タブをクリックします。
      3. 隠しファイルとフォルダを表示するオプションを選択します。
        Application Dataフォルダは、デフォルトでは非表示になっています。 隠しフォルダを表示するには、ツール→フォルダオプション...を選択してから、表示タブをクリックします。
    • Windows Vista以降の場合:
      1. C:\ProgramData\National Instruments\MAX\Data Dictionaries\Last に移動します。
      2. このフォルダが表示されていない場合は、C:ディレクトリのメニューバーに移動して、整理>>フォルダと検索オプションを選択し、表示タブをクリックします。
      3. 隠しファイルとフォルダを表示するオプションを選択します。
      4. 保護されたオペレーティングシステムファイルを隠すオプションの選択を解除します。
         
  4. Lastフォルダのバックアップコピーを作成して、それを別の場所に保存します。
     
  5. Dataフォルダを見つけます。
    • Windows XPおよび2000の場合: C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\National Instruments\MAX\Data\ に移動します。
    • Windows Vista以降の場合: C:\ProgramData\National Instruments\MAX\Data に移動します。
  1. Dataフォルダのバックアップコピーを作成して、それを別の場所に保存します。
     
  2. 元のDataフォルダを開き、config3.mxs.bakという名前のファイルを見つけます。ファイルを右クリックしてプロパティを選択し、このファイルの作成/変更時刻を確認します。 全般タブには、作成日時と最終変更日時が表示されます。ファイルに最新の構成設定が含まれるような日付になっている場合は、次の手順を続けて構成の有効なバックアップを回復します。ファイルが古すぎて関連する設定情報を格納できない場合、またはconfig3.mxs.bakconfig3.mxsと同じサイズの場合は、単にDataフォルダ全体を削除して手順10に進みます。
     
    メモ: Dataフォルダ全体を削除すると、MAXのすべての設定が削除されます。

     
  3. MAX\Dataフォルダで、config3.mxsという名前のファイルを削除するか、別名で保存します。これらのファイルがDataフォルダに存在する場合は、config3.mxcconfig3.mxdconfig3.mx5storage.mxcのいずれにも同じ操作を行います。
     
    メモ: Dataフォルダを削除できない場合は、コンピュータをセーフモードで再起動してからフォルダを削除します。

     
  4. config3.mxs.bakconfig3.mxsにファイル名を変更します。
     
  5. コンピュータを再起動します。
     
  6. MAXを起動します。Dataフォルダを完全に削除しなかった場合は、バックアップとして保存されていた設定情報で起動するはずです。それ以外の場合、MAXはデフォルト設定に復元されます。
     
    メモ: MAXデータベースサービスが機能したら、システム構成スタートアップでNIソフトウェアの設定を元に戻します。
     
    1. Windowsのスタートメニューからファイル名を指定して実行...を選択します。
    2. msconfigと入力して、OKをクリックします。
    3. スタートアップタブに移動します。
    4. リストからNI Update ServiceおよびNIDEVMONを選択します。
    5. 適用をクリックしてからOKをクリックします。
    6. コンピュータを再起動して、手順1から始めます。

     
  7. MAXデータベースのバックアップバージョンに戻してもこのエラーが解決しない場合は、破損した元のLastフォルダとDataフォルダをMAX技術レポートとともにNI技術サポートにお問い合わせください。MAX技術レポートを作成する方法については、構成情報をレポートするためのMAX技術レポートを作成する を参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ