NI Linux Real-TimeターゲットでFTPを使用する

更新しました Dec 4, 2018

使用製品

Hardware

  • CompactRIO Controller

Operating System

  • NI Linux Real-Time

問題

解決策

メモ: FTP経由でアプリケーションをデプロイすることは、NI Linuxリアルタイムターゲットにはお勧めできません。 このドキュメントの「追加情報」を参照してください。
 
  1. NI Linux Real-TimeデバイスでFTPサーバを使用するには、まずターゲットにFTPサーバをインストールする必要があります。Measurement&Automation Explorerを起動します。
  2. リモートシステムに移動し、NI Linux Real-Timeターゲットを見つけてオプションを展開します。
  3. ソフトウェアを右クリックして、ソフトウェアの追加と削除を選択します。
  4. 関連するLabVIEW Real-Timeメニューの下にあるソフトウェアインストールを選択するか、またはカスタムソフトウェアインストールのオプションを選択して、次へをクリックします。

 
  1. 選択したソフトウェアに応じて、デフォルトのソフトウェアインストール用とカスタムソフトウェアインストール用のダイアログのいずれかが表示されます。

 
  1. レガシーFTPサーバを選択し、次へを選択してソフトウェアをインストールします。
FTPサーバをインストールしたら、NI Linux Real-TimeターゲットへFTPを利用してファイルを転送できるようになります。

追加情報

FTPサーバは、デフォルトではNI Linux Real-Time(LinuxRT)デバイスにインストールされていません。これは、WebDAVがHTTPまたはHTTPSを経由するときに推奨されるファイルシステムアクセス方法であるためです。WebDAVは、NIAuthダイジェスト認証を使用するより安全な方法ですが、FTPサーバは使用しません。詳細については、Using WebDAV to Transfer Files to Real-Time Targetを参照してください。

LabVIEWでFTP VIを使用している場合は、NI Linux Real-Timeターゲットと他のReal-Timeターゲット間のファイルパスの違いを考慮してください。たとえば、LabVIEWヘルプ: FTP複数のファイルをダウンロードVIを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ