LabVIEWを使用してReal-Timeターゲットとの間でFTPファイルを送受信する

更新しました Jun 18, 2019

使用製品

Hardware

  • CompactRIO Controller

Software

  • LabVIEW Real-Time Module

問題

  • Measurement&Automation Explorer(MAX)、Internet Explorer、Microsoft Windowsエクスプローラ、または別のFTPユーティリティを使用して、リアルタイムターゲットでファイルを送受信する方法を知っています。
  • この処理は、LabVIEWでプログラム的に行えますか?

解決策

LabVIEWを使用してプログラム的にFTP転送を行うには、次の2つの方法があります。
  1. 推奨される方法は、内蔵のFTP VIを使用することです(LabVIEW 2012以前のバージョンでは、インターネットツールキットが必要です)。

 
  1. 代替方法は、システム実行VIを使用することです。

追加情報

  • 内蔵のFTP VIを使用する場合は、次の値を使用します。
    • リアルタイムターゲットの場合、デフォルトのユーザ名はanonymousで、パスワードは空の文字列です。エラー15530が発生した場合は、誤ったユーザ名またはパスワード(あるいはその両方)である可能性があります。
    • ホストはリアルタイムターゲットのIPアドレスです。
  • リモートパスとローカルパスの両方に必ずファイル名を指定します。
  • FTPファイルをアップロードおよびダウンロード[FTP Put and Get Files.vi]というサンプルプログラムが、LabVIEWサンプルファインダから参照可能です。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ