LabVIEWでプログラム的にVIを強制終了する

更新しました Dec 18, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Full

問題

  • プログラム的にVIを強制終了する必要があります。
  • VIを中止するために中止ボタンを使用することはできません。
  • キーボードショートカット(ctrl+.)を使用できません。
  • ウィンドウ外観カテゴリからタイトルバーメニューバーを削除しました。
  • 実行カテゴリでVIを開いたら実行するように設定しています。

解決策

オプション1: 下記のスニペット画像を保存して、そのpngファイルをダイアグラムにドラッグします。

オプション2: 下記の手順をおこないます。
サブVIまたは実行中の別のVIを閉じるには:
  1. 新規VIを開き、ブロックダイアグラムにVIリファレンスを開く関数を配置します。
  2. VIパス入力に制御器を作成します。フロントパネルで、停止したいVIを参照する必要があります。
  3. インボーグノードをVIリファレンスを開く関数に配線し、インボーグノードの文字をクリックしてドロップダウンメニューからAbort VI(VIを中断)を設定します。
  4. インボーグノードとリファレンスを閉じる関数を配線します。
  5. リファレンスを閉じる関数と一般エラー処理VIを配線します。
  6. 停止したいVIを開きます。実行中であることを確認し、作成したこのVIを実行します。これにより、最初のVIが停止します。

作業中のVIを閉じるには:
  1. インボーグノードを追加して、VIクラスとAbort VIメソッドを選択します。
  2. VIサーバリファレンスを追加して、「このVI」であることを確認します。
  3. VIサーバリファレンスをインボーグノードに配線します。

メモ: 同じVIを指しているため、リファレンスを閉じる必要はありません。


オプション3: 停止関数を使用します。
このオプションの詳細については、この関数のヘルプページを参照してください。

追加情報

  • 一般にVIを中止することは、VIを「強制終了」することに似ており、最後のオプションとして使用するべきです。
  • 可能であれば、VIを安全に終了する必要があるロジックを追加します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ