DAQmxでCシリーズリレーモジュールをプログラミングする

更新しました Sep 21, 2019

使用製品

Hardware

  • NI-9482
  • NI-9481
  • NI-9485

Software

  • LabVIEW

Driver

  • NI-DAQmx

問題

NI 948x Cシリーズリレーモジュールがあり、デジタル出力するようにプログラミングしたいです。 これを行うにはどうすればよいですか?

解決策

これには、DAQアシスタントまたはDAQmx API関数を使用した対話型構成により実行できます。リレーは、ラインまたはポートとして構成できます。


 

 

DAQアシスタント

  1. ブロックダイアグラムにDAQアシスタントを配置します。
  2. Expressタスクの新規作成ダイアログが表示されます。信号を生成>>デジタル出力を展開して、ライン出力またはポート出力を選択します。
    • ポート出力は、すべてのラインに1つのチャンネルを使用します。
    • ライン出力は、ラインごとに1つのチャンネルを使用します。


       
  3. 下図に示すラジオボタンを使用して、ブール状態を定義します。

ライン出力として4チャンネルを構成する



ポート出力として4チャンネルを構成する

 

 

DAQmx API

  1. デジタル出力チャンネルを作成します。ポートまたはライン出力に適切なライングループを選択します。
  2. データをブール定数配列としてDAQmx書き込みVIに書き込みます。下図の例では、自動開始入力にTrueの値が配線しているため、DAQmxタスクを開始VIを省略しています。



 

追加情報

NI 948xは、ブールコマンドで制御するデジタル出力リレーモジュールです。チャンネルにTrue値が書き込まれるとリレーが閉じられ、負荷に接続された端子により、電流が流れるか、負荷に電圧が印加されます。 False値がチャネルに書き込まれるとスイッチが開き、回路が切断され、電流が流れなくなり、負荷に電圧が印加されなくなります。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ