サードパーティ製の計測器ドライバをインストールする

更新しました Nov 17, 2018

使用製品

Driver

  • NI-VISA
  • Instrument Drivers

問題

インストーラがないサードパーティ製計測器ドライバをLabVIEWにインストールするにはどうすればよいですか?
インストーラを実行すると、サードパーティ製のドライバがLabVIEWに表示されません。どこで見つけることができますか?それをLabVIEWと統合して計測器ドライバパレットに表示するにはどうすればよいですか?

解決策

実行可能ファイルを使用してドライバをインストールした場合は、インストールされているドライバを探して正しいフォルダに移動する必要があります。Windowsコンピュータでは、このドライバの場所は<Program Files>\IVI Foundation\VISA\my_driver\です。ここでmy_driverは、インストールしたドライバの名前です。Mac OSの場合、場所は<Applications>\IVI Foundation\VISA\my_driver\です。 my_driverフォルダは、新しい場所にコピーする必要があるフォルダです。

ダウンロードしたドライバに実行可能ファイルがない場合は、そのフォルダを解凍したことを確認してから、そのフォルダを移動する必要があります。

ドライバフォルダが見つかったら、次のようにしてドライバをLabVIEWに追加します。
  1. 現在メモリにロードされている場合は、LabVIEWを終了します。
  2. ドライバフォルダをWindowsコンピュータの次の場所にコピーします。
    • <Program Files>\National Instruments\LabVIEW (使用しているLabVIEWの年)\instr.lib
    • また、64ビットWindowsで32ビットバージョンのLabVIEWを使用している場合は、<Program Files(x86)>の下になります。
  3. Macコンピュータの場合は、ドライバフォルダを次の場所にコピーします。
    • National Instruments\LabVIEW\instr.lib
  4. ドライバフォルダの名前をLabVIEWに表示するドライバ名に変更します。
  5. LabVIEWを再度起動します。
  6. 新しいVIを開き、ブロックダイアグラムを右クリックして関数パレットを開きます。
  7. 計測器ドライバは、以下に示すように、関数パレット上の関数>>すべての関数>>計測器I/O>>計測器ドライバの下に表示されます。

追加情報

LabVIEWが関数パレットを介して計測器ドライバにアクセスするには、ドライバがLabVIEWフォルダの<National Instruments>\LabVIEW\instr.libディレクトリになければなりません。instr.libフォルダには、必要な*.mnuファイルと*.llbファイルまたは*.lvlibファイルがすべて含まれている計測器ドライバフォルダがあります。*.mnuファイルは、LabVIEWにはVIを検出する必要があるパレット上の場所とソースが含まれていない場所が表示されるだけです。ドライバファイルのソースは、*.llbファイルまたは*.lvlibファイルにあります。

一部のサードパーティ製のドライバは、これらのファイルを<Program Files>\IVI Foundation\VISAにインストールします。このディレクトリでは、LabVIEWはそれらを見つけることができません。この場合、これらのファイルを手動でコピーしてinstr.libディレクトリ内のフォルダに貼り付ける必要があります。たとえば、<Program Files>\IVI Foundation\VISA\my_testにインストールされ、サンプルプログラムのサブフォルダとコードを含むmy_testという名前のドライバを考慮します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ