TestStandレポートのファイルパスとファイル名をプログラム的に取得する

更新しました Sep 18, 2019

使用製品

Software

  • TestStand

問題

TestStandが生成するレポートのファイル名とパスをプログラム的に取得することは可能ですか?

解決策

現在のTestStandレポートのファイルパスは実行時に作成され、変数として保存されます。この変数がどこにあるかは、使用されているTestStandのバージョンによって異なります。

 

TestStand 2012以降 

レポートファイルのパスは、GetReportFilePathコールバックを介して最も簡単にアクセスできます。このコールバックは、レポートファイルのパスをパラメータParameters.ReportFilePathに格納します。
ファイル名は、ファイルパスに対してSplit functionを利用することで見つけることができます。


 

TestStand 2010 SP以前 

レポートファイルのパスが保存される特定の変数は、使用している特定のプロセスモデルによって異なります。ファイル名は、ファイルパスに対してSplit functionを利用することで見つけることができます。


Sequential Model: RunState.Root.Locals.ReportFilePath 

Batch and Parallel Models: RunState.Root.Parameters.TestSocket.ReportFilePath

追加情報

TestStand 2012以降では、デフォルトのプロセスモデルはレポート作成にプラグインアーキテクチャを使用するため、レポートファイルパスはGetReportFilePathコールバックを使用してアクセスするのが最も簡単です。 このコールバックは、クライアントのMainSequenceが完了した後に実行されます。シーケンスの別の場所でレポートファイルのパスにアクセスするには、この値をファイルグローバル変数に格納します。
 

TestStand 2010以前の場合、実行時まで変数にはデータが格納されていません。エラーをチェックしたり、これらの変数を使用する式を評価すると、不明な変数またはプロパティ名のエラーメッセージが表示されます。


この記事はお役に立ちましたか?

いいえ