エラー1921: NIソフトウェアをインストールまたはアンインストールする際にエラーが発生する

更新しました Mar 24, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Professional

問題

LabVIEW、NI-VISA、488.2、VAS、NI MAQなどナショナルインスツルメンツ(NI)ソフトウェアとデバイスドライバのインストールまたはアンインストール中に、エラー1921が発生します。
 

エラーは、以下の形式です。


エラー1921。サービス "フルサービス名"(短縮サービス名)を停止できませんでした。 システムサービスを停止するための十分な特権があることを確認してください。
 

以下は2つのエラーメッセージの例です。


エラー1921。サービス "NI Configuration Manager"(mxssvr)を停止できませんでした。 システムサービスを停止するための十分な権限があることを確認してください。


解決策

アンインストールしようとしている間にNIソフトウェアを実行していると、エラー1921が発生します。インストール/アンインストールする前に、必ずすべてのNIソフトウェアを終了する必要があります。


すべてのNIソフトウェアアプリケーションを終了しても引き続きこのエラーが発生する場合は、以下の手順を行い、エラーメッセージに記載されているサービスを停止します。
 

  1. すべてのソフトウェアを終了します(インストール/アンインストールのキャンセルを含む)。
  2. スタートメニューから名前を指定して実行を選択します。
  3. cmdと入力してOKをクリックすると、コマンドプロンプトウィンドウが開きます。
  4. net stop 短縮サービス名 コマンドを入力して<Enter>キーを押します。ここで短縮サービス名は、mxssvrやnimDNSResponderなどの名前を入力します。
  5. 続ける場合は、Yを入力して<Enter>を押します。


このプロセスが停止したら、ソフトウェアのインストールまたはアンインストールを再試行します。これにより、サービスが自動的に再開されます。
 

メモ: net start 短縮サービス名 コマンドを使用して、停止したプロセスを手動で再起動できます(例: net start mxssvr)。


この方法でプロセスを停止できなかった場合は、起動時にすべてのNIサービスを手動で無効にしてコンピュータを再起動します。すべてのNIサービスを無効にする手順は以下のとおりです。

 

Windows 7:

  1. スタートメニューから名前を指定して実行に移動します。
  2. msconfigと入力して<Enter>を押します。
  3. Startupタブに移動します。
  4. National Instrumentsに関連するすべてのサービスを無効にします。
  5. OKをクリックしてプロンプトが表示されたら再起動をします。
 

Windows 8/8.1/10:

  1. タスク マネージャーを開きます。
  2. スタートアップタブを選択します。
  3. National Instrumentsに関連するすべてのサービスを無効にします。
  4. タスク マネージャーを閉じて、コンピュータを再起動します。


システムが再起動したら、インストーラを再試行します。インストールが完了したら、上記のプロセスを繰り返して再起動することで、National Instrumentに関連するすべてのサービスを有効にできます。

追加情報

MXSSVRは、NI構成データを管理するサービスであり、ほとんどのNIハードウェアおよびソフトウェアが正しく機能するために必要です。特定のソフトウェアパッケージをインストールまたは変更した場合は、MXSSVRサービスを変更して再開できるように、MXSSVRサービスを停止する必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ