MAXでウィザードを使用してDAQmxチャンネルキャリブレーションを実行する

更新しました Feb 7, 2019

使用製品

Driver

  • NI-DAQmx

問題

DAQmxセンサの読み値が正しくない、予期しない、またはオフセットが発生しています。使用している熱電対または他のセンサをキャリブレーション(校正)したいです。Measurement&Automation Explorer(MAX)でNI DAQデバイスまたはモジュールの個々のチャンネルをキャリブレーションできますか?

解決策

これは、測定タイプに合わせてDAQmxタスクを作成し、タスク内のチャンネルをキャリブレーションすることで実行できます。チャンネルをキャリブレーションするときは、ケーブル、配線、またはセンサによる誤差を補正することによって、測定の精度を高めています。このタイプのキャリブレーションはタスクごとにのみ行われ、デバイスには適用されません。恒久的なキャリブレーション技術ではなく、EEPROMに保存されません。 EEPROMに保存されているデバイスの恒久的なキャリブレーションの詳細については、Device Calibrationを参照してください。

チャンネルを測定してキャリブレーションするDAQmxタスクを作成するには、以下の手順を行います。

  1. MAXで新しいDAQmxタスクを作成します。
  2. MAXの構成ビューからマイシステム>>データ設定>>NI-DAQmxタスク>>タスク名を選択します。


 

  1. タスクのNI_DAQmxタスクビューで、構成>>キャリブレーション>>キャリブレート...を選択します。

 
  1. チャンネルキャリブレーションウィザードでキャリブレータ名を入力して、このキャリブレーションを有効期限を設定してから、次へを選択します。
  2. 平均化するサンプル数とサンプルレートを選択して、次へを選択します。
  3. キャリブレーションを行うときは、デバイスの入力レンジの両端の値を必ず選択します。その間に必要な数だけ値を選択できます。
  4. 基準列に、デバイスから読み取る値を入力します。未キャリブレーション列の値は、現在デバイスから読み取られている値です。未キャリブレーションの値が安定している場合は、キャリブレーション値をコミットボタンをクリックします。少なくとも2つの値を入力する必要があります。これらの値に最大値と最小値が含まれていない場合は、次の段階に進むときに最大値と最小値のデフォルト値を使用するように求められます。

 
  1. すべてのキャリブレーション値を設定したら、次へを選択して、チャンネルキャリブレーションウィザードの最終ステップに進みます。ここでは、キャリブレーション曲線を見直して、適切な範囲があることを確認します。
  2. 終了を選択すると、キャリブレーションが完了します。キャリブレーションデータは、タスクがLabVIEWまたは別の開発環境で使用されている場合に自動的に適用されます。  
  3. キャリブレーションを確認するには、キャリブレーションタブでプロパティを選択します。

 
  1. タブを選択して、キャリブレーションを確認...を選択します。

 
  1. プロンプトが表示されたら名前を入力して、次へをクリックします。
  2. 確認する値を選択するか、最初に選択したものと同じものを使用するかを尋ねられます。 ウィザードが最初に選択した値をガイドして、次へを選択します。

 
  1. キャリブレーション済み列には、キャリブレーションされた調整が適用されて、現在デバイスから読み取られている値が表示されます。キャリブレーションされた値が安定している場合は、キャリブレーション値をコミットを選択します。すべての値が設定されたら、終了を選択します。

 
  1. 値タブには、基準値、未キャリブレーション値、およびキャリブレーション値が表示されます。レポートを生成するには、レポートを生成を選択します。

 
  1. 次に、HTMLレポートを生成するか印刷するかを尋ねます。選択したら、レポートを生成を選択します。

 
  1. その結果の例は、以下のとおりです。

追加情報

このキャリブレーションは、選択したタスクにのみ適用され、他の物理チャンネルには適用されません。

キャリブレーションウィザードは、LabVIEWでプログラムで使用することはできませんが、次の2つの方法を使用して同様のタスクキャリブレーションを実装できます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ