ソフトウェアがライセンスされていないか、評価モードでNI VLMサーバーからアクティブ化されている

更新しました May 23, 2021

使用製品

ソフトウェア

  • Volume License Manager
  • NI License Manager

問題

  • ボリュームライセンスサーバーに接続してソフトウェアのライセンスを取得しようとすると、NI LicenseManagerでソフトウェアがライセンスされていないように表示されます。ソフトウェアを起動すると、評価モードで開きます。
  • ボリュームライセンスサーバーを使用してソフトウェアをアクティブ化できません。

解決策

この問題を解決するためのさまざまな潜在的な原因と手順については、以下のセクションを参照してください。


互換性のないライセンスファイルバージョン

常に最新のライセンスファイルを使用して、ソフトウェアの最新バージョンにアクセスできることを確認してください。ソフトウェアをアップグレードし、NI VLMがまだ古いバージョンのライセンスファイルを使用している場合、ライセンスファイルは期限切れとなる可能性があります。

ソフトウェア管理者は次のことを行う必要があります。
  1. License Managerの[ライセンス]ビューに表示されるライセンスが最新であり、ソフトウェアのバージョンと一致していることを確認してください。 NI VLMで現在使用されているライセンスファイルは、次のファイルパスにあります。 C:\ ProgramData \ National Instruments \ Volume License Manager \ nivlm.lic 
たとえば、LabVIEWが2017 SP1までライセンスされているが、LabVIEW Application Builderが2017までしかライセンスされていない場合、ApplicationBuilderはLabVIEW2017SP1では機能しません。
  1. ライセンスファイルが最新でない場合は、 agreements@ni.comに電子メールを送信して、アップグレードされたライセンスファイルを要求してください。次の情報を含めてください。管理者名、管理者の電子メール、会社名、およびサービスID
  2. (推奨)現在のサーバーのバックアップを作成します
  3. アップグレードしたライセンスファイルをNIVLMにインストールします。
  4. [変更を適用]をクリックします。
  5. ライセンスサーバーを再起動します。
新しいソフトウェアバージョンをアクティブ化する資格について確信が持てない場合は、NIに連絡してください。


互換性のないNIVLMバージョン

NI License Manager 4.4以降は、NI VLM3.1およびそれ以前のバージョンおよび11.15より前のFlexNETPublisherバージョンと互換性がありません。

ソフトウェア管理者は次のことを行う必要があります。
  1. ライセンスサーバーが実行しているNI VLMおよびNI License Managerのバージョンを確認します。
  2. NI VLMのバージョンに互換性がない場合は、それをアップグレードするNI VLM 3.1.1以降。ソフトウェア管理者が FlexLM / FlexNet Publisher を実行している場合は、ベンダーデーモンをバージョン11.15 以降にアップグレードする必要があります。
:NI VLM3.1.1以降およびFlexNETPublisher 11.15以降は、以前のすべてのバージョンのLicense Managerと互換性があります。 VLMをアップグレードしても、4.4より古いバージョンのNI License Managerを使用しているクライアントには影響しません。
 

ライセンスサーバーがダウンしています

ソフトウェア管理者は次のことを行う必要があります。
  1. サーバーコンピューターの電源がオンになっていて、ライセンスサーバーがNI VLMでまだ実行されていることを確認します。
  2. ライセンスサーバーが停止している場合は、[ツール]»[ボリュームライセンスサーバーの起動]に移動します。

問題が発生した場合の詳細な手順については、「NI VLMを使用しているときにライセンスサーバーを起動できない 」を参照してください。


サーバー側のファイアウォールがクライアントサーバー通信をブロックしています

サーバーのファイアウォールが指定されたポートをブロックしていないことを確認します(デフォルトは27000および4637)。

ソフトウェア管理者は次のことを行う必要があります。
  1. (オプション)テストのためにファイアウォールを一時的に無効にします。
  2. 指定されたポートでの着信接続を許可するようにファイアウォールを構成します。


不正な権限

ソフトウェア管理者は、クライアントが適切な権限を持っているか、機能していないソフトウェアの適切なグループに追加されていることを確認する必要があります。権限を変更した後、[変更の適用]ボタンをクリックします。


クライアントがサーバーに接続していません

クライアントは次のことを行う必要があります。
:ボリュームライセンスサーバーが27000以外のポートで実行されている場合は、ポート番号がサーバー名に含まれていることを確認してください(サーバー:<ポート番号>)。
  • サーバー情報を削除して、NI License Managerにローカルライセンスの確認を強制します。次に、サーバーとポートの情報を再度追加します。
  1. NI License Managerウィンドウの左上隅にあるオプションメニューをクリックします。
  2. [ボリュームライセンスサーバーの管理]を選択します。
  3. ボリュームライセンスサーバーのサーバー名またはアドレスを削除/削除し、[ OK ]をクリックします。
  4. 画面上部の[更新]ボタンをクリックし、NI License Managerを閉じて再起動します。
  5. [ネットワークライセンス]タブに、[ボリュームライセンスサーバーが構成されていません]と表示されます。
  6. [ボリュームライセンスサーバーの管理]を選択し、ライセンスサーバーの名前またはアドレスを再度追加して、[ OK ]をクリックします。
  7. NI License Managerは、サーバーからライセンスを再度参照する必要があります。

追加の手順については、NI VLMでライセンスサーバーエラーにより通信できないを参照してください。

 

デバッグログを確認する

これらの手順のいずれかが失敗した場合、ソフトウェア管理者は次のことを行う必要があります。
  • NI VLMデバッグログを確認 します。ログは、クライアントがライセンスをチェックアウトしようとしたかどうか、および試行が成功したかどうかを確認します。

デバッグログにクライアントがライセンスのチェックアウトに失敗していることが示されている場合は、次のことを確認してください。

コンカレント非管理ライセンス

コンカレント非管理ライセンスを使用している場合、ネットワークライセンスの下のアクティブ化ステータスは、それらにアクセスできる場合でもデフォルトの灰色のままです。これは表面的な問題であり、ソフトウェアへのアクセスを禁止するものではありません。詳細については、「コンカレントアンマネージドネットワークライセンスを使用してソフトウェアをアクティブ化できない」を参照してください。