NI VC2005MSMs x86のインストールに失敗する

更新しました Jun 25, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW 2009 Base
  • LabVIEW 2009 Full
  • VeriStand
  • LabVIEW 2011 Full

Driver

  • NI-DAQmx 7.4
  • NI-FGEN 2.7
  • NI-SCOPE 3.6

問題

NIソフトウェアをインストールしようとすると、次のようなエラーメッセージが表示されます。
 

The NI VC2005MSMs x86 installation has failed with the following error. Error 1935. An error occured during the installation of assembly . . .
 

 

なぜこのエラーが発生するのですか?

解決策

NI VC2005MSMは、NI-DAQmx、NI-FGEN、NI-SCOPE、LabVIEWなどのNIソフトウェアのインストールに必要です。Windows Updateは実行中にこのディレクトリをロックすることがよくあります。
 

Windows Updateの完了後もインストールが失敗する場合は、インストールウィザードを再度実行する前にVC2005MSMs_X86をインストールします。以下の手順を実行する前に、実行中のプロセスによってインストールが正常に行われない可能性があるため、コンピュータを再起動します。
 

VC2005MSMs_X86を単独でインストールするには、次の手順を実行します。
 

  1. インストールメディアのVC2005MSMサブフォルダにあるVC2005MSMs_x86.msiを探します(例: NI-DAQmx4.6.1/Products/VC2005MSMs/VC2005MSMs/VC2005MSMS_X86.msi)。
     
  2. 該当する.msiをダブルクリックします。VC2005MSMs_x86のインストールが完了したら、コンピュータを再起動します。再起動後、対象のソフトウェアをインストールすると、インストールウィザードはエラーなしで完了します。

追加情報

インストールウィザードのほとんどは、インストールの残りを続ける前にこの必要なコンポーネントをインストールします。ただし、インストール時に実行中のプロセスがWinSXSディレクトリをロックしていると、インストールは失敗します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ