システム実行VIを使用した後プログラム的にコマンドプロンプトウィンドウを強制的に閉じる

更新しました Jun 24, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Base

問題

LabVIEWでシステム実行VIを使用してバッチファイル(*.bat)を実行すると、バッチファイルが完了した後もDOSウィンドウ(または最小化された実行の場合はタスクバー項目)が開いたままになります。ウィンドウを閉じるにはどうすればよいですか?

解決策

LabVIEWで呼び出された後にコマンドプロンプトを強制的に閉じる方法は3つあります。
 

  • 最も簡単な方法は、システム実行VI終了まで待機?入力にTrue定数を配線することです。
  • より一般的な解決策は、引数として/Cフラグとバッチファイルを指定した.comプログラムコマンドを使用することです。たとえば、システム実行VIにはこの引数を使用します。この方法では、バッチファイルを編集する必要はありません。
  • バッチファイルを編集することが問題にならない場合は、ウィンドウを閉じるためにファイルの最後に改行を追加します。
  • Windows 7より前のオペレーティングシステムの場合: バッチファイルのプロパティを編集して終了時強制的に閉じるようにします(バッチファイルを右クリックしてプロパティ>>プログラムを選択します)。これにより、Windowsがバッチファイルの実行時にウィンドウの動作を制御するために使用するディレクトリと同じディレクトリに*.pifファイルが作成されます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ