DAQアシスタントのサンプリングレートを動的に変更するには?

更新しました Apr 29, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Base

Driver

  • NI-DAQmx

問題

ループの繰り返しごとに個別の有限サンプルセットを集録するために、Whileループ内でDAQアシスタントExpress VIを使用しています。Whileループの繰り返しごとにDAQアシスタントのサンプリングレートを変更したいのですが、どうすればよいですか?

解決策

DAQアシスタントは、停止端子にTrue値が渡されるまで、作成したタスクを停止しません。サンプルレートなどのプロパティを変更するには、タスクを停止する必要があります。DAQmx VIを使用してタスクを停止してからサンプルレートを変更することができます。その後、DAQアシスタントが自動的にタスクを再開します。



 

これは、DAQmx VIだけを使用することでも実現できます。DAQmxでプログラミングを始める際に参考になる多くのサンプルプログラムが、LabVIEWのヘルプ>>サンプルを検索...>>ハードウェア入力と出力.>DAQmxにあります。

追加情報

このサンプルコードを連続的な集録に使用しようとすると、Whileループの繰り返しの間にデータポイントが失われます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ